『本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。』

24年箱根駅伝駒沢大が史上初の2季連続3冠か?前回2位中央大、青学大が追う争いに

Entertainment

24年箱根駅伝駒沢大が史上初の2季連続3冠か?前回2位中央大、青学大が追う争いに
詳しく知りたい

24年箱根駅伝駒沢大が史上初の2季連続3冠か?前回2位中央大、青学大が追う争いに
ついて解説します。

24年箱根駅伝駒沢大が史上初の2季連続3冠か?前回2位中央大、青学大が追う争いに

2024年1月2日と3日に行われる第100回箱根駅伝は、日本最古の駅伝大会で、関東地方の大学チームが東京と
箱根を往復する217.1kmのコースを競います。

昨シーズンに出雲駅伝、全日本大学駅伝、箱根駅伝の3冠を達成した駒沢大(駒大)は、今季も出雲駅伝と全日本大学駅伝を制し史上初の2年連続3冠に王手をかけています。
駒大のエントリーメンバーには、10000m27分台
を持つトリプルエースの篠原倖太朗(3年)、佐藤圭汰(2年)、鈴木芽吹(4年)のほか出雲駅伝と全日本大学駅伝で全員が区間3位以内という強力なメンバーがそろっています。

駒大の最大のライバルは、前回の箱根駅伝で2位に入った中央大(中大)と、3冠を達成したことのある青山学院大(青学大)です。中大は出雲駅伝で2位、全日本大学駅伝で3位と安定した成績を残しており、箱根駅伝でも優勝を狙えるチーム力を持っています。

青学大は、出雲駅伝で4位、全日本大学駅伝で5位とやや振るわなかったものの、箱根駅伝では3連覇の経験があるだけに侮れません。駒大が2年連続3冠を達成するのか、中大や青学大がそれを阻止するのか、歴史的な大会の行方に注目が集まります。

1.24年箱根駅伝駒沢大が史上初の2季連続3冠か?前回2位中央大、青学大が追う争いに 24年箱根駅伝:史上初の2季連続3冠を駒澤大が狙う

24年1月2日と3日に第100回の記念大会が開催されます。東京・大手町から神奈川県・箱根までの往復10区間(217.1km)を23校が競います。

駒澤大学:
出雲駅伝と全日本大学駅伝を制し、史上初の2季連続3冠に王手をかけています。主将の鈴木芽吹やエースの
佐藤圭汰など主力が揃っており、前回大会の10人から卒業したのは3人だけです。

駒澤大学の対抗馬:
前回大会2位の中央大学や3位の青山学院大学などが挙げられます。

中央大学:
スピードのある選手が多く、花の2区で区間賞を獲得した吉居大和が復調のカギを握ります。

青山学院大学:
前々回大会の5区で快走した若林宏樹が復活を期すほか、新たな山の神が現れる可能性もあります。
詳しい情報は、以下のリンクをご覧ください。

1-1.駒澤大学のニュースとエントリーチームを注目

駒澤大学:
2024年1月2日と3日に開催される第100回箱根駅伝で史上初の2季連続3冠に挑みます。
出雲駅伝と全日本大学駅伝を制した駒澤大学は、鈴木芽吹主将や佐藤圭汰など主力が揃っており前回大会の10人から卒業したのは3人だけです。

駒澤大学のエントリー選手:
白鳥哲汰、鈴木芽吹、佐藤圭汰、小山翔也、金子伊吹、帰山侑大、赤津勇進、赤星雄斗、花尾恭輔、吉本真啓の10人です4。補員は、安原太陽、小牧波亜斗、篠原倖太朗、庭瀬俊輝、伊藤蒼唯、山川拓馬の6人です。

1-2.東京箱根間往復大学駅伝競走における駒澤大学の出場記録とランキング

駒澤大学:箱根駅伝に58年連続58回目の出場を果たしました。
過去には8回の総合優勝を達成しており、最多優勝校の早稲田大学(15回)に次ぐ記録です。

・24年の第100回大会で、史上初の2季連続3冠に挑みました。出雲駅伝と全日本大学駅伝を制した駒澤大学は鈴木 芽吹主将や佐藤圭汰など主力が揃っており前回大会の10人から卒業したのは3人だけでした。

・24年の第100回大会で、往路で2位の中央大学に1分24秒の差をつけてトップでゴールしました。
復路では、中央大学や青山学院大学などの追撃を振り切り、総合優勝を果たしました。
駒澤大学は、2年ぶり9回目の優勝とともに、史上初の2季連続3冠を達成しました。

1-3.前回2季連続で駒大が総合優勝した2024年の箱根駅伝

24年の箱根駅伝は、第100回の記念大会でした。
東京・大手町から神奈川県・箱根までの往復10区間(217.1km)を23校が競いました。

駒澤大学は、出雲駅伝と全日本大学駅伝を制し、史上初の2季連続3冠に王手をかけていました。
鈴木芽吹主将や佐藤圭汰など主力が揃っており、前回大会の10人から卒業したのは3人だけでした。

駒澤大学は、往路で2位の中央大学に1分24秒の差をつけてトップでゴールしました。
復路では、中央大学や青山学院大学などの追撃を振り切り、総合優勝を果たしました。
駒澤大学は、2年ぶり9回目の優勝とともに、史上初の2季連続3冠を達成しました。

2.24年箱根駅伝駒沢大が史上初の2季連続3冠か?前回2位中央大、青学大が追う争いに 駒澤大以外のランキング上位校の争い

駒澤大は、2024年の第100回箱根駅伝で、史上初の2季連続3冠を達成しました。

駒澤大は、往路で2位の中央大に1分24秒の差をつけてトップでゴールし復路でも他校の追撃を振り切りました。

駒澤大以外のランキング上位校としては中央大、青山学院大、國學院大、城西大、創価大などが挙げられます。
中央大は、往路で2位につけ、復路でも駒澤大に食らいつきましたが、最後は力尽きて2位に終わりました。
青山学院大は、往路で4位につけ復路では2区で区間賞を獲得するなどして追い上げましたが3位に留まりました。
國學院大は、往路で3位につけ、復路でも安定した走りを見せて4位に入りました。
城西大は、往路で5位につけ、復路でも5位をキープしました。
創価大は、往路で6位につけ、復路では1区で区間賞を獲得するなどして6位に入りました。

駒澤大以外のランキング上位校の争いは、駒澤大に次ぐ2位から6位までの順位を巡って繰り広げられました。
中央大と青山学院大は、駒澤大に最も近い実力を持つと言われていましたが、駒澤大の圧倒的な強さには及びませんでした。
國學院大と城西大は、安定感のある走りで上位に食い込みましたが区間賞を獲得するなどの飛び抜けた走りは見られませんでした。
創価大は、初のシード権獲得を目指しましたが、7位の東海大に0.4秒差で及ばず惜しくもシード権を逃しました。

2-1.2位の中央大と3位青学大のチーム力と放送予定

・中央大は、往路で2区と3区で区間賞を獲り、駒澤大に食らいついたが復路では差を広げられて2位に終わった。吉居大和・駿恭兄弟を軸にしたチーム力が光ったが、駒澤大の圧倒的な強さには及ばなかった。

・青学大は、往路で4位につけ、復路では2区で区間賞を獲得するなどして追い上げたが、3位に留まった。
山の区間でのミスが響いたが、9区でエースの岸本大紀が区間賞を獲得するなど、前回王者の底力を見せた。


箱根駅伝の放送予定は、以下の通りです。

2024年1月2日(土) 8:00~15:30 往路   (テレビ東京系列)
2024年1月3日(日) 7:00~14:30 復路   (テレビ東京系列)
2024年1月4日(月) 19:00~21:00 総集編(テレビ東京系列)

2-1.駒澤大の注目選手と対抗馬

駒澤大の注目選手は、2年生の佐藤圭汰選手です。佐藤選手は出雲駅伝と全日本大学駅伝で2区区間賞を獲得し、日本選手権では5000メートルで学生トップの4位に入るなど、昨年までのエースだった田澤廉を超えるほどの逸材と言われています。

駒澤大の対抗馬としては、前回大会2位の中央大や3位の青山学院大などが挙げられます。

中央大:
吉居大和・駿恭兄弟を軸にしたスピードのあるチームで、往路で駒澤大に食らいつきましたが、復路では差を広げられて2位に終わりました。

青山学院大:
山の区間でのミスが響きましたがエースの岸本大紀が9区で区間賞を獲得するなど前回王者の底力を見せました。

2-3.前回7位からの順位上昇を狙うチームの立ち位置

前回7位だったのは東海大です。
東海大:
往路で8位につけ、復路では4区で区間賞を獲得するなどして順位を上げましたが、シード権を得るには及びませんでした。

東海大は、今年の出雲駅伝で3位に入り、全日本大学駅伝でも4位に入るなど、駒澤大以外のチームと互角に戦える実力を示しました。

東海大の立ち位置としては、駒澤大に次ぐ2位から6位までの順位を争うチームの一角と言えます。
中央大や青山学院大などと同等か、それ以上のチーム力を持っています。

東海大の注目選手は、4年生の小林祐樹選手です。小林選手は、出雲駅伝で1区区間賞を獲得し、全日本大学駅伝でも1区で2位に入るなど、チームのエースとして活躍しました 。

3.24年箱根駅伝駒沢大が史上初の2季連続3冠か?前回2位中央大、青学大が追う争いに 箱根駅伝の歴史と注目選手

箱根駅伝は、1920年に第1回大会が開催された、日本最古の駅伝大会です。
創設の原動力になったのは、マラソンの父として知られる金栗四三らの「世界に通用するランナーを育成したい」との思いでした。

箱根駅伝は、毎年1月2日と3日に東京と箱根を往復する217.1kmのコースを、関東地方の大学チームが競います。出場校は、前年大会で上位10校と予選会を通過した10校の計20校と、関東学生連合チームの計21校です。

箱根駅伝の注目選手としては、2024年の第100回大会で、史上初の2季連続3冠に挑んだ駒澤大学の佐藤圭汰選手や、往路で区間賞を獲得した中央大学の吉居大和選手、復路で区間賞を獲得した青山学院大学の岸本大紀選手などが挙げられます 。

3-1.箱根駅伝100回を迎えた大会のスポーツとしての歴史

箱根駅伝は、1920年(大正9年)に第1回大会が開催された、日本最古の駅伝大会です。創設の原動力になったのは、マラソンの父として知られる金栗四三らの「世界に通用するランナーを育成したい」との思いでした。

箱根駅伝は、毎年1月2日と3日に東京と箱根を往復する217.1kmのコースを、関東地方の大学チームが競います。

出場校は、前年大会で上位10校と予選会を通過した10校の計20校と、関東学生連合チームの計21校です。
箱根駅伝は、戦時中に一時中断されたこともありますが、2024年には記念すべき第100回大会を迎えます。その間には、多くのドラマや伝説が生まれ、日本の陸上競技やスポーツ文化に大きな影響を与えました。

3-2.駒澤大学出身のエースランナー、佐藤と鈴木の成績

佐藤圭汰選手は、2年生でありながら、出雲駅伝と全日本大学駅伝で2区区間賞を獲得し、日本選手権では5000メートルで学生トップの4位に入るなど、駒澤大学の次期エースとして活躍しています。

佐藤選手のベスト記録:
5000メートルで13分22秒91、10000メートルで27分28秒50、ハーフマラソンで1時間02分14秒です。

鈴木芽吹選手:
4年生で主将を務めています。鈴木選手は、出雲駅伝で6区区間賞を獲得し、全日本大学駅伝では8区で区間2位に入るなど、チームの中心として貢献しています5 。鈴木選手のベスト記録は、5000メートルで13分24秒55、10000メートルで27分30秒69、ハーフマラソンで1時間03分07秒です。

3-3.東京箱根間往復大学駅伝競走を支える選手たち

箱根駅伝は、毎年1月2日と3日に東京と箱根を往復する217.1kmのコースを関東地方の大学チームが競います。

出場校は、前年大会で上位10校と予選会を通過した10校の計20校と、関東学生連合チームの計21校です。

箱根駅伝を支える選手たちは、各大学の陸上競技部に所属する学生です。選手たちは、日々の練習や試合に励み、箱根駅伝の出場や優勝を目指しています。選手たちは、自分の区間だけでなく、チームのために全力を尽くします。

箱根駅伝を支える選手たちは、関東学生陸上競技連盟に加盟している現役学生の中から選ばれます。
選手たちは、出雲駅伝や全日本大学駅伝などの他の大会にも出場し、日本の陸上競技やスポーツ文化に貢献しています。選手たちの中には、オリンピックや世界陸上などの国際大会に出場する選手もいます。

駒大のエントリーメンバー:
10000m27分台を持つトリプルエースの篠原倖太朗(3年)、佐藤圭汰(2年)、鈴木芽吹(4年)のほか、出雲駅伝と全日本大学駅伝で全員が区間3位以内という強力なメンバーがそろっています。

駒大の最大のライバル:
前回の箱根駅伝で2位に入った中央大(中大)と、3冠を達成したことのある青山学院大(青学大)です 。

中大:
出雲駅伝で2位、全日本大学駅伝で3位と安定した成績を残しており、箱根駅伝でも優勝を狙えるチーム力を持っています 。

中大のエントリーメンバー:
全日本大学駅伝で区間賞を獲得した吉居大和(4年)や出雲駅伝で区間2位に入った山本修平(3年)などがいます 。

青学大:
出雲駅伝で4位、全日本大学駅伝で5位とやや振るわなかったものの、箱根駅伝では3連覇の経験があるだけに侮れません 。青学大のエントリーメンバーには、全日本大学駅伝で区間賞を獲得した岸本大紀(4年)や、出雲駅伝で区間2位に入った黒田朝日(3年)などがいます 。

4.24年箱根駅伝駒沢大が史上初の2季連続3冠か?前回2位中央大、青学大が追う争いに  まとめ

24年箱根駅伝駒沢大が史上初の2季連続3冠か?前回2位中央大、青学大が追う争いに

2024年1月2日と3日に行われる第100回箱根駅伝は、日本最古の駅伝大会で、関東地方の大学チームが東京と箱根を往復する217.1kmのコースを競います。

昨シーズンに出雲駅伝、全日本大学駅伝、箱根駅伝の3冠を達成した駒沢大(駒大)は、今季も出雲駅伝と全日本大学駅伝を制し、史上初の2年連続3冠に王手をかけています。

駒大のエントリーメンバーには、10000m27分台を持つトリプルエースの篠原倖太朗(3年)、佐藤圭汰(2年)、鈴木芽吹(4年)のほか出雲駅伝と全日本大学駅伝で全員が区間3位以内という強力なメンバーがそろっています。

駒大の最大のライバルは、前回の箱根駅伝で2位に入った中央大(中大)と、3冠を達成したことのある青山学院大(青学大)です 。

中大は、出雲駅伝で2位、全日本大学駅伝で3位と安定した成績を残しており、箱根駅伝でも優勝を狙えるチーム力を持っています 。中大のエントリーメンバーには、全日本大学駅伝で区間賞を獲得した吉居大和(4年)や、出雲駅伝で区間2位に入った山本修平(3年)などがいます 。

青学大は、出雲駅伝で4位、全日本大学駅伝で5位とやや振るわなかったものの、箱根駅伝では3連覇の経験があるだけに侮れません 。青学大のエントリーメンバーには、全日本大学駅伝で区間賞を獲得した岸本大紀(4年)や、出雲駅伝で区間2位に入った黒田朝日(3年)などがいます 。

以上が、2024年箱根駅伝駒沢大が史上初の2季連続3冠か…前回2位の中央大、青学大が追う争いにについてのまとめです。少しでもお役に立てれば幸いです。

 

タイトルとURLをコピーしました