『本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。』

マイクロソフト 新BingのChat AIで3種類の回答モードを選択可能に

AIツール

マイクロソフト Bing のChat AIで3種類のモードを選択可能になったと案内を見たが、具体的にどういう違いがあるか教えて

具体的な例で教えて下さい。

 

※Bing のChat AIで3種類のモードを具体例を使用して説明します。

マイクロソフト Bing のChat AIで3種類の回答モードを選択可能に

※Bingとは?

Microsoft社が運営する検索エンジンです。
GoogleやYahooと使い分けると便利な機能があります。
AIチャットボットを搭載し、検索、ブラウジング、チャットがひとまとめになってます。
ユーザーが得たい情報や疑問に対する手がかりを提供します。

Bingを使うメリット

BingはMicrosoft Edgeのデフォルトの検索エンジンです。
・Edgeは高速で安全なブラウザで、Windows 10に最適化されています。
・Bingはオリジナルの検索技術を持っています。
・例えば、動画検索ではサムネイルにマウスを合わせるとプレビューが再生されたり、関連動画が表示されたり
します。

・BingはAIチャットボットを搭載しており、検索、ブラウジング、チャットがひとまとめになっています。
・ユーザーが得たい情報や疑問に対する手がかりを提供します。
・Bingは検索ごとにポイントが貯まります。
・ポイントはギフトカードやクーポンなどに交換できます。

Bingサイト画面

Bingのサイトから入ると、下記画面が初期画面となります。
画面の真ん中に表示されている青枠の(試してみる)のボタンを押すと

☟下記画面となります。

☟左上の(チャット)を押すと下記画面となります。

新機能は次のとおりです。

3月2日マイクロソフトBing機能のアップデートした内容を下記に記載しております。その中で本日、チャットトーンについて具体的事例を盛り込んでご説明します。

• チャットトーン: 【今回のお話】Bing のチャットAIで3種類の回答モードを選択可能

チャットのトーンをより短く、より検索に焦点を当てた回答に焦点を当てた「厳密」から、より長く、より説明的な回答を提供する「独創性」に切り替える機能を導入。
中間の設定(「バランス」)はその中間です。選択したものに応じて、UXの色が緑、紫、青の間で変化します。
ニーズに最適なチャット動作タイプを決定できる。

このエクスペリエンスはフィードバックに基づいて引き続き調整されます。

• ターンカウンター

1回の会話でチャットターンの制限を6回に設定。
これらの制限を引き上げることで、新しいトピックにリセットする必要がある。ターンカウンターが表示され、
各Bing応答の下部に番号が表示され、会話のどこにいるかを知らせます。

• Edge のページ コンテキスト

Windows 用の Edge 開発チャネルに組み込まれているBing チャットエクスペリエンスを使用した場合、
閲覧しているページのコンテキストを認識できないことBingありました。
ほとんどのシナリオでこの問題を修正しました。

• チャット動作

以前は応答が不必要に制限されていたチャット動作や、
防御的または敵対的に見えるようにしていたチャット動作を改善しました。
Bing回答はより魅力的で、より詳細な観察を提供する必要があります。

 チャットトーン:Bing のチャットAIで3種類の回答モードを選択可能

3月2日マイクロソフトの※ミハエル・パラキンさん
検索サービス「Bing」に搭載したChat AIに3つの回答モードを追加したと公表。

モード「独創性」「バランス」「厳密」3つの種類で構成されていて
お客様が自由に選定することが可能となります。

「独創性」モード :UI赤色系
Chat AIは独創的で想像性、驚き・楽しさを引き出すような回答が表示。

「バランス」モード:UI青色系

会話に一貫性があり正確さと創造性のとれたモード。

「厳密」モード  :UI緑色系
正確性・関連性を優先し、事実より簡潔な回答となる。

★3月2日に新Bingモバイル対応となり、記事掲載しています。
Microsoftの新Bingがモバイルアプリでも利用可能(iOS、Android) – noblog (nobu32.com)

マイクロソフト「Bing」チャットボットによる回答 

BingのChat AIはマイクロソフトがOpenAIの「ChatGPT」を元に開発したもの。お客様は人間同士の会話のように、文章でChatAIに話しかけ、
検索や提案、文章作成等
をさせることが可能。

下記に3つの質問に対して、                           
回答モード
「独創性」「バランス」「厳密」3種類の回答内容を記載しております。
3つ回答に対して、(COMMENT:コメント)に総論を記載致しました。

質問①「大谷翔平」

質問②「熱海から伊豆急行で行ける温泉地を教えて」

質問③「MicrosoftがBing AIに課した制限の緩和へ、会話の「トーン」を選べる新機能もの内容を小学生でもわかる文章を3000文字で作成して

 

比較的単純な指示(「大谷翔平」)では、                    独創性モードとバランスモードについては、違いを感じられなかった。厳密モードも他の2モードと極端な違いがあるわけではないが、こちらの方が簡潔で回答に変化がでる。

「独創性」モード:UI赤色系
完結に直近の内容を明記され今後の予定も入っています。

「バランス」モード:UI青色系
「独創性」のコメントとほぼ同じに内容が記載されています。

「厳密」モード:UI緑色系
直近の内容のみしか記載ありません。

 

比較的普通な指示(「熱海から伊豆急行で行ける温泉地を教えて」
独創性モード:人間が書いている様な自然な文章で箇条書きでまとまりが良い。
バランスモード:箇条書きで書かれている。文章のまとまり比較的よかった。                                 ✖厳密モード:最小限度の情報しかなく無難ではあるが物足りない。

「独創性」モード:UI赤色系
人間が書いているようにスムーズな書き方で、しっかり有名な場所を中心に案内場所を記載をしている。

「バランス」モード:UI青色系
案内する場所を箇条書きで記載はあるが、に比べて物足りない感はある。

「厳密」モード:UI緑色系
必要最小限度の情報しかない。

 

比較的複雑な指示(「MicrosoftがBing AIに課した制限の緩和へ、会話の「トーン」を選べる新機能もの内容を小学生でもわかる文章を3000文字で作成して)では、
独創性モード:人間が書いているように自然な文章でまとまり良い。
バランスモード:箇条書きで文章数も多いので、一見よさそうに思えたが文章のまとまりがなかった。                                 ✖厳密モード:最小限度の情報しかなく無難ではあるが物足りない。

「独創性」モード:UI赤色系
文章内容は人間が回答しているように非常にスムーズで読みやすくまとめ方がうまい。
3種類の中で一番分かり易く表現されている。

「バランス」モード:UI青色系
一見、バランスモードが詳しく書かれているようには見えるが、
文章を項目ごとに箇条書きで記載しているのが特徴です。                         文章内容としては、まとまりに欠ける部分があります。

「厳密」モード:UI緑色系
厳密モードは端的な
文章で数を少なくなんの装飾もない回答となっている。       

※ミハエル・パラキン
マイクロソフトのWebエクスペリエンス プレジデントで、BingのチャットAIの開発に携わっている人物です。
最近、BingのチャットAIに「独創性」「バランス」「厳密」の3種類の回答モードを追加したと発表しました。
これらのモードは、ユーザーが自由に選択することができます。

まとめ

「独創性」モード:UI赤色系
どの検索パターンでも及第点の文章となっており、
3つの中では個人的にお勧めのモードです

「バランス」モード:UI青色系
3つの中では中間のモードですが、
「独創性」モードと2つ内容を確認した上で活用された方が良いと思いました。

「厳密」モード:UI緑色系
正直にこちらの希望する情報がすくないのであまりお勧めしませんが、
正確性を重視する場合は厳密モードを選択した方が良さそうです。

☟下記、ChatAI(ChatGPT)関連記事がありますので、ご参照下さい。

タイトルとURLをコピーしました