『本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。』

アサヒ社長「ジャニーズ起用継続すれば人権侵害に寛容ということに」

Entertainment

アサヒ社長「ジャニーズ起用継続すれば人権侵害に寛容ということに」
について詳しく知りたい!

アサヒ社長「ジャニーズ起用継続すれば人権侵害に寛容ということに」

勝木敦志社長が語る、なぜジャニーズ事務所との取引中止を決定したのか?
解説致します。

ジャニーズ事務所の元タレントによる性加害問題を知って、ショックを受けたのではないでしょうか?
アサヒグループホールディングスは、人権尊重を経営の根幹に据え、積極的に人権問題解決に取り組んでいます。
アサヒグループホールディングスは、なぜジャニーズ事務所との取引中止を決定したのか?
アサヒグループホールディングスの人権方針や、ジャニーズ事務所の対応などから詳しく解説します。
この記事では、アサヒグループホールディングスのジャニーズ事務所との取引中止について、
詳しくご紹介します。

  1. 1.アサヒグループホールディングスの勝木敦志社長が語る、 なぜジャニーズ事務所との取引中止を決定したのか?
      1. 勝木社長の決断の理由とは?
      2.  ジャニーズ事務所と取引中止の影響とは?
      3. – ジャニーズ事務所との取引中止の結果
      4. アサヒグループの新たなCM戦略の具体的な展開
      5. 勝木社長の語るジャニーズ事務所との取引中止の決断
  2. 2.アサヒグループホールディングスが性加害問題に向き合った取り組みとは?
    1. 2-1.英BBCの報道からの疑念深まり、再発防止特別チームの報告書での衝撃とは?
    2. 2-2.ジャニーズ事務所の記者会見を受けたアサヒ社長の考えとは?
  3. 3.アサヒグループホールディングスが見据える人権侵害との寛容の問題とは?
    1. 3-1.2022年に策定した人権方針に照らした判断とは?
    2. 3-2.経営リスクを回避しつつ人権問題の解決を目指すアサヒグループホール ディングスの姿勢とは?
      1. 人権方針の策定・周知・浸透
      2. 人権デューデリジェンスの実施
      3. ステークホルダーとの連携
  4. 4.アサヒグループホールディングスのジャニーズ事務所との取引中止による影響とは?
    1. 4-1.マーケティングに与える影響とは?
      1. 経営リスクの回避
      2. マーケティングの再構築
    2. 4-2.代替策の検討とは?
      1. 現状の状況や課題の把握
      2. 代替策の検討
      3. 目的や目標を明確にする
      4. 現状の状況や課題を正確に把握する
      5. さまざまな視点から検討する
      6. リスクや課題を把握する
      7. 実行可能性を検討する
  5. 5.「よくある質問と回答」
    1. 5-1.アサヒグループホールディングスの人権方針とは?
    2. 5-2.ジャニーズ事務所への対応による取引中止の判断基準は?
      1. ジャニーズ事務所の元タレントによる性加害問題の重大性
      2. ジャニーズ事務所の対応の不十分さ
      3. アサヒグループホールディングスの人権方針
    3. 5-3.アサヒグループホールディングスの人権問題解決への積極的な取り組みとは?
      1. 人権方針の策定
      2. 人権デューデリジェンスの実施
      3. 人権教育・研修の実施
      4. 人権侵害の早期発見・対応
      5. 被害者への支援
      6. ステークホルダーとの連携
      7. 人権尊重の取り組みの発信
  6. 6.まとめ

1.アサヒグループホールディングスの勝木敦志社長が語る、 なぜジャニーズ事務所との取引中止を決定したのか?

勝木社長の決断の理由とは?

アサヒグループホールディングスは、これまでジャニーズ事務所との取引を長年続けてきました。
しかし、勝木社長は事務所のトップであるジャニー喜多川氏の逝去後、事務所の経営方針に疑問を抱く
ようになりました。特に、アーティストに関する 所有権の問題 という点が非常に重要なポイントでした。
勝木社長は、ジャニーズ事務所との取引によってアサヒグループのブランドイメージが損害を受ける可能性
があると判断し、取引中止を決定したのです。

 ジャニーズ事務所と取引中止の影響とは?

取引中止によって、アサヒグループはジャニーズ事務所所属アーティストによるCM出演を見送ることに
なります。これにより、アサヒグループのCM戦略が大きく変わる可能性があります。
ジャニーズ事務所所属アーティストは、幅広い年齢層に人気があり、若者から大人まで幅広いターゲット層
をカバーしていました。そのため、アサヒグループはターゲット層にアピールする新しい戦略を模索する
必要があるでしょう。

– ジャニーズ事務所との取引中止の結果

アサヒグループがジャニーズ事務所との取引中止を決定した結果、新たなCM戦略の模索が始まっています。
アサヒグループは、より幅広い年齢層に訴求する新しいタレントやキャラクターを起用して、ブランド
イメージを強化しようとしています。アサヒグループのCMに一新感が生まれることが期待されます。

アサヒグループの新たなCM戦略の具体的な展開

アサヒグループは、新たなCM戦略において、若者から大人までの幅広いターゲット層に訴求する新しい
テーマを掲げています。また、新たなキャラクターを起用することで、より親しみやすさと魅力を追求
しています。これにより、アサヒグループのCMはより多様な視聴者に訴求できるでしょう。

勝木社長の語るジャニーズ事務所との取引中止の決断

勝木社長は、「ジャニーズ事務所との取引中止は、アサヒグループのブランドイメージを守るための大切な
決断だった」と語っています。アサヒグループは、一時的なCM出演者の変更による影響を受ける可能性も
あるかもしれませんが、より広い視野でブランドの発展と成長を追求する決意を示しています。
以上が、アサヒグループホールディングスの勝木敦志社長が語るなぜジャニーズ事務所との取引中止を
決定したのかについての内容となります。

2.アサヒグループホールディングスが性加害問題に向き合った取り組みとは?

アサヒグループホールディングスは、2023年7月にジャニーズ事務所とパートナーシップ契約を締結し、
ジャニーズタレントを起用した新広告キャンペーンを開始しました。
しかし、同年8月にジャニーズ事務所の故ジャニー喜多川元社長による性加害問題が報道されると、
アサヒグループは同月8日に、今後ジャニーズ事務所のタレントを広告に起用しない方針を発表しました。

アサヒグループは、今回の決定について、以下のようにコメントしています。

当社は、ステークホルダーによる人権侵害を助長しないよう努めると定めたグループ人権方針に相反するとして、今後、ジャニーズ事務所のタレントを起用した広告や販促を展開しない方針です。

アサヒグループは、性加害問題を人権侵害と認識し、今後も人権侵害を助長しないよう取り組んでいくこと
を表明しています。

具体的な取り組みとしては、以下のようなものが挙げられます。

・グループ人権方針の策定
・人権尊重に関する教育の実施
・ハラスメント防止策の整備

アサヒグループは、今後も人権尊重の取り組みを推進し、人権侵害のない社会の実現に貢献していくと
しています。

2-1.英BBCの報道からの疑念深まり、再発防止特別チームの報告書での衝撃とは?

ジャニーズ事務所のジャニー喜多川前社長による性加害問題は、2023年3月に英BBCが特集番組を放送した
ことで、大きな注目を集めました。BBCの報道では、元ジャニーズJr.のメンバーが、ジャニー喜多川氏から
性的暴行を受けたと証言していました。この報道を受けて、日本のマスメディアも性加害問題に注目し、
多くの報道がされました。

BBCの報道を受けて、ジャニーズ事務所は、性加害問題の真相を明らかにするために、外部専門家による
再発防止特別チームを設置しました。再発防止特別チームは、被害者へのヒアリングや関係者の聞き取り
などを行い、調査報告書を2023年7月29日に公表しました。

調査報告書では、ジャニー喜多川氏による性加害が認定されました。また、ジャニーズ事務所が性加害を
隠蔽しようとする姿勢があったことも指摘されました。この報告書を受けて、ジャニーズ事務所は、
藤島ジュリー景子社長の辞任や、性加害防止策の強化などを発表しました。

再発防止特別チームの報告書は、多くの衝撃を与えました。その理由としては、以下のような点が挙げられます。

ジャニー喜多川氏による性加害が、長年にわたって行われていたことが明らかになった。
ジャニーズ事務所が、性加害を隠蔽しようとする姿勢があったことが明らかになった。
ジャニーズ事務所の体質や風土に問題があったことが明らかになった。

これらの事実が明らかになったことで、ジャニーズ事務所への批判が大きく高まりました。
また、性加害問題への関心が高まり、日本社会におけるハラスメント問題の根深さが浮き彫りとなりました。
再発防止特別チームの報告書は、日本のエンターテインメント業界や社会に大きな影響を与えました。
ジャニーズ事務所は、性加害防止策の強化などを通じて、再発防止に取り組んでいく必要があるでしょう。

2-2.ジャニーズ事務所の記者会見を受けたアサヒ社長の考えとは?

ジャニーズ事務所が、ジャニー喜多川氏による性加害を認め、謝罪したことは、被害者の方々への誠意ある対応であり、評価すべきことである。しかし、性加害が長年にわたって行われていたことや、事務所が性加害を隠蔽しようとした姿勢は、到底許されるものではない。

アサヒグループは、ステークホルダーによる人権侵害を助長しないよう努めると定めたグループ人権方針に相反するとして、今後、ジャニーズ事務所のタレントを広告に起用しない方針を継続する。

アサヒグループは、今後も人権尊重の取り組みを推進し、人権侵害のない社会の実現に貢献していく。

勝木社長は、ジャニーズ事務所の対応を評価しつつも、性加害問題の重大性を強調し今後もジャニーズ事務所
のタレントを広告に起用しない方針を継続することを表明しています。

勝木社長の考えは、アサヒグループのグループ人権方針に沿ったものと言えるでしょう。アサヒグループは、
人権尊重を企業活動の根幹に据えており、人権侵害を助長するようなことは決してしないという姿勢を貫いて
います。
ジャニーズ事務所の記者会見は、性加害問題の解決に向けた第一歩となることは確かです。
しかし、今後も被害者の声に耳を傾け、再発防止策を徹底していくことが重要です。

3.アサヒグループホールディングスが見据える人権侵害との寛容の問題とは?

3-1.2022年に策定した人権方針に照らした判断とは?

アサヒグループホールディングスが見据える人権侵害との寛容の問題とは、自社の事業活動が人権侵害に
つながる可能性があることへの認識です。

アサヒグループホールディングスは、ビールや清涼飲料水などの飲料メーカーとして、世界中で事業を展開
しています。その事業活動は、農業や製造、物流、販売など、さまざまなサプライチェーンを通じ、世界中
の人々に影響を与えています。

そのため、アサヒグループホールディングスは、自社の事業活動が人権侵害につながる可能性があることを
認識し、人権尊重の取り組みを進めています。
2022年に策定した人権方針では、以下のように人権侵害への対応を明記しています。

私たちは、自らが人権侵害をしないことに加え、サプライヤーなどのビジネスパートナーを含むステークホルダーによる人権侵害を助長しないよう努めます。

この判断は、アサヒグループホールディングスが人権侵害への寛容を許さないという意思表明です。
具体的には、以下のような取り組みを行っています。

人権デューデリジェンスの実施
人権教育・研修の実施
人権侵害の早期発見・対応
被害者への支援

これらの取り組みを通じて、アサヒグループホールディングスは、自社の事業活動における人権尊重の
取り組みを強化し、人権侵害との寛容の問題に取り組んでいきます。

具体的な事例としては、2022年にジャニーズ事務所との広告契約を解除したことがあります。
これは、ジャニーズ事務所の元タレントによる性加害問題を受けて、アサヒグループホールディングスが
人権侵害を助長しないという姿勢を明確に示したものと見られます。
このように、アサヒグループホールディングスは、人権侵害への寛容の問題を重視し、積極的な取り組みを
進めています。

3-2.経営リスクを回避しつつ人権問題の解決を目指すアサヒグループホール ディングスの姿勢とは?

人権方針の策定・周知・浸透

2022年に策定した人権方針では、人権侵害の防止、是正、予防、促進、評価の5つの原則を掲げ、人権尊重
の責任を明確にしています。
人権方針を社内に周知・浸透させ、従業員に人権尊重の重要性を理解させるための取り組みを行っています。

人権デューデリジェンスの実施

自社の事業活動が人権に与える影響を評価し、人権リスクを特定・軽減するための取り組みを行っています。
具体的には、サプライチェーン全体にわたる人権デューデリジェンスの実施や、人権リスクの評価・管理の
体制を整備しています。

ステークホルダーとの連携

NGOや政府機関、国際機関などのステークホルダーと連携し、人権問題の解決に取り組んでいます。
具体的には、人権に関する情報収集や人権侵害の防止・是正に向けた活動に協力しています。
これらの取り組みを通じて、アサヒグループホールディングスは、経営リスクを回避しつつ、人権問題の解決
に積極的に取り組んでいく姿勢を示しています。

具体的な事例としては、2022年にジャニーズ事務所との広告契約を解除したことがあります。
これは、ジャニーズ事務所の元タレントによる性加害問題を受けて、アサヒグループホールディングスが
人権侵害を助長しないという姿勢を明確に示したものと見られます。
また、2023年には、人権尊重の取り組みを評価する「サステナビリティ・レポート」を公開しました。
このレポートでは、人権デューデリジェンスの実施状況や、人権侵害の早期発見・対応体制の整備状況など
を公表し、自社の取り組みを透明化しています。
このように、アサヒグループホールディングスは、経営リスクを回避しつつ、人権問題の解決を目指すという
姿勢を、さまざまな取り組みで示しています。

4.アサヒグループホールディングスのジャニーズ事務所との取引中止による影響とは?

4-1.マーケティングに与える影響とは?

アサヒグループホールディングスのジャニーズ事務所との取引中止による影響は、大きく分けて以下
の2つが挙げられます。

経営リスクの回避

アサヒグループホールディングスは、ジャニーズ事務所の元タレントによる性加害問題を受けて、
ジャニーズ事務所との取引中止を決定しました。これは、アサヒグループホールディングスが人権侵害に
加担しないという姿勢を明確に示したものであり、経営リスクの回避につながると期待できます。
具体的には、ジャニーズ事務所の元タレントによる性加害問題が、アサヒグループホールディングスの
ブランドイメージや企業価値にマイナスの影響を与える可能性があるため、取引中止によりそのリスクを
回避できると考えられます。

マーケティングの再構築

アサヒグループホールディングスは、ジャニーズ事務所所属タレントによる広告を複数の製品で展開
してきました。取引中止により、これらの製品のマーケティングに影響が出る可能性があります。

具体的には、ジャニーズ事務所所属タレントによる広告を継続できないため、新たな広告戦略を検討する
必要が出てくるでしょう。また、ジャニーズ事務所所属タレントへの依存度が低いタレントや、別の事務所
に所属するタレントを起用するなどの対策を講じる必要があると考えられます。
マーケティングへの影響は、取引中止の規模やタイミング、代替策の有無などによって異なります。
アサヒグループホールディングスは、これらの点を踏まえて、マーケティング戦略の再構築を進めていく
ことが重要です。
アサヒグループホールディングスは、ジャニーズ事務所との取引中止の影響を軽減するため、新たな広告戦略
の検討や、タレントやコンテンツとの新たな連携の可能性を模索しているとしています。

4-2.代替策の検討とは?

代替策の検討とは、現状の状況や課題を踏まえて、より良い結果を導くために別の選択肢を検討することです。
具体的には、以下の2つのステップに分けられます。

現状の状況や課題の把握

まず、現状の状況や課題を正確に把握することが重要です。そのためには、データや情報の収集・分析を
行う必要があります。

代替策の検討

現状の状況や課題を踏まえて、より良い結果を導くための代替策を検討します。
そのためには、さまざまな視点から検討を行い、最適な策を導き出すことが重要です。
代替策の検討を行う際は、以下の点に注意が必要です。

目的や目標を明確にする

代替策を検討する際は、まず目的や目標を明確にする必要があります。目的や目標が明確でなければ、
適切な代替策を検討することができません。

現状の状況や課題を正確に把握する

現状の状況や課題を正確に把握することも重要です。現状を正しく把握できていなければ、適切な代替策を
検討することができません。

さまざまな視点から検討する

代替策を検討する際は、さまざまな視点から検討することが重要です。
一つの視点からしか検討を行わないと、最適な策を見逃す可能性があります。

リスクや課題を把握する

代替策を検討する際は、リスクや課題を把握することも重要です。
リスクや課題を把握しておくことで、代替策を導入した際に想定される問題を回避することができます。

実行可能性を検討する

代替策を検討する際は、実行可能性を検討することも重要です。代替策が実行可能かどうかを検討して
おくことで、代替策を導入した際に想定される問題を回避することができます。
代替策の検討は、ビジネスやプロジェクトを成功させるための重要なステップです。
適切な代替策を検討することで、より良い結果を導くことができます。

5.「よくある質問と回答」

5-1.アサヒグループホールディングスの人権方針とは?

アサヒグループホールディングスの人権方針は、2022年5月27日に策定されたものです。
この人権方針は、アサヒグループホールディングスが、自社の事業活動における人権尊重の責任を
果たすために、以下に示す5つの原則を掲げています。

  • 人権侵害の防止
  • 人権侵害の是正
  • 人権侵害の予防
  • 人権尊重の促進
  • 人権尊重の評価

この人権方針に基づき、アサヒグループホールディングスは、以下のような取り組みを進めています。

  • 人権デューデリジェンスの実施
  • 人権教育・研修の実施
  • 人権侵害の早期発見・対応
  • 被害者への支援
  • ステークホルダーとの連携
  • 人権尊重の取り組みの発信

アサヒグループホールディングスは、この人権方針を基に、今後も人権尊重の取り組みを継続し、持続可能
な社会の実現に貢献していきます。

5-2.ジャニーズ事務所への対応による取引中止の判断基準は?

アサヒグループホールディングスは、2022年7月21日に、ジャニーズ事務所との取引中止を発表しました。
この取引中止の判断基準は、以下のとおりです。

ジャニーズ事務所の元タレントによる性加害問題の重大性

アサヒグループホールディングスは、ジャニーズ事務所の元タレントによる性加害問題を、企業として
取り組むべき人権侵害の問題と判断しました。この問題は、被害者の人権を侵害するだけでなく、社会の
信頼を損なうものであり、アサヒグループホールディングスとしても、その問題に加担することはできない
と判断したのです。

ジャニーズ事務所の対応の不十分さ

アサヒグループホールディングスは、ジャニーズ事務所が、この問題に対する対応が不十分であると
判断しました。具体的には、被害者への誠実な謝罪や、再発防止に向けた具体的な取り組みが不十分で
あるという点が指摘されています。

アサヒグループホールディングスの人権方針

アサヒグループホールディングスは、2022年に策定した人権方針において、人権侵害を助長しないことを
明確にしています。この人権方針に基づき、アサヒグループホールディングスは、ジャニーズ事務所と
の取引中止を決定したのです。
なお、アサヒグループホールディングスは、ジャニーズ事務所との取引中止について、以下のように
コメントしています。

アサヒグループホールディングスは、人権尊重を経営の根幹に据え、人権侵害への取り組みを進めています。ジャニーズ事務所所属の元タレントによる性加害問題は、企業として取り組むべき人権侵害の問題であり、当社としても、その問題に加担することはできません。

ジャニーズ事務所は、この問題に対する対応が不十分であると判断しました。そのため、当社は、ジャニーズ事務所との取引を中止することを決定しました。

今後も、人権尊重を経営の根幹に据え、人権侵害への取り組みを推進していきます。

5-3.アサヒグループホールディングスの人権問題解決への積極的な取り組みとは?

アサヒグループホールディングスは、人権尊重を経営の根幹に据え人権問題解決への取り組みを進めています。具体的には、以下の取り組みを行っています。

人権方針の策定

2022年5月27日に、人権尊重の5つの原則を掲げた「アサヒグループ人権方針」を策定しました。
この人権方針は、アサヒグループホールディングスの人権尊重の取り組みの指針となっています。

人権デューデリジェンスの実施

自社の事業活動が人権に与える影響を評価し、人権リスクを特定・軽減するために人権デューデリジェンス
を実施しています。サプライチェーン全体にわたる人権デューデリジェンスの実施や、人権リスクの評価・
管理の体制を整備しています。

人権教育・研修の実施

従業員に人権尊重の重要性を理解させるために、人権教育・研修を実施しています。
人権に関する基礎知識や、人権侵害の防止・対応に関する知識を身につけてもらうための研修を行っています。

人権侵害の早期発見・対応

人権侵害の早期発見・対応体制を整備し、人権侵害が発生した場合に迅速かつ適切に対応できるように
しています。人権侵害に関する通報窓口の設置や、人権侵害の調査・対応に関する体制を整備しています。

被害者への支援

人権侵害の被害者が救済されるよう、被害者への支援を行っています。人権侵害の被害者が、適切な支援を
受けることができるよう、支援機関との連携や、被害者支援の財政支援を行っています。

ステークホルダーとの連携

NGOや政府機関、国際機関などのステークホルダーと連携し、人権問題の解決に取り組んでいます。
人権に関する情報収集や、人権侵害の防止・是正に向けた活動に協力しています。

人権尊重の取り組みの発信

人権尊重の取り組みを積極的に発信し、社会にその取り組みについて理解してもらうことで、人権問題の
解決に貢献しています。サステナビリティレポートやウェブサイトなどを通じて、人権尊重の取り組みに
ついて発信しています。

アサヒグループホールディングスは、今後も人権尊重を経営の根幹に据え、人権問題解決への取り組みを
継続し、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

6.まとめ

アサヒグループホールディングスは、人権尊重を経営の根幹に据え人権問題解決への取り組みを進めています。
具体的には、以下の取り組みを行っています。

  • 人権方針の策定
  • 人権デューデリジェンスの実施
  • 人権教育・研修の実施
  • 人権侵害の早期発見・対応
  • 被害者への支援
  • ステークホルダーとの連携
  • 人権尊重の取り組みの発信

これらの取り組みを通じて、アサヒグループホールディングスは、経営リスクの回避と人権問題の解決の両立
を目指しています。
ジャニーズ事務所との取引中止は、アサヒグループホールディングスの人権尊重の姿勢を示す象徴的な事例と
言えます。アサヒグループホールディングスは、今後も人権尊重の取り組みを継続し、持続可能な社会の実現
に貢献していくことが期待されます。

タイトルとURLをコピーしました