『本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。』

鎌倉鶴岡八幡宮の見どころとは?歴史やアクセス方法と周辺施設の紹介

鎌倉散策

鎌倉鶴岡八幡宮の見どころとは?歴史のご紹介やアクセス方法と周辺施設を紹介について、
ご案内致します。

4月29日午前中雨から徐々に雨がやみ始めった為、早速訪問してみました。
駐車場も空きが多く、観光客はまばらで、気温も涼しい状況でした。
初めて御社殿で結婚式を上げているシーンを見ました。

学生時代、毎年12月31日のPM12にJR鎌倉駅に降り立ち、友人らと鎌倉鶴岡八幡宮参拝
することが恒例行事となっておりました。
つい最近は1年に1回ペースでは訪問しております。

以下、この記事では、
鎌倉鶴岡八幡宮の見どころとは?歴史のご紹介やアクセス方法と周辺施設について
詳しい内容をご紹介します。

◆鎌倉鶴岡八幡宮(公式WEBサイト
鶴岡八幡宮 | TSURUGAOKAHACHIMANGU

  1. 1. 鎌倉鶴岡八幡宮の見どころとは?その歴史を紹介
    1. 1-1. 鎌倉鶴岡八幡宮の建物や祭りについて知ろう
    2. 1-2. 鎌倉鶴岡八幡宮の由来と変遷を解説
  2. 2. 鎌倉鶴岡八幡宮のアクセス方法と周辺施設を紹介
    1. 2-1. 鎌倉鶴岡八幡宮へのアクセス方法と駐車場について
      1. ◆鎌倉のレンタサイクル一覧表  鎌倉のレンタサイクル 【一番安いのは?乗り捨ては可能?】 (hirotravel.com)  鎌倉 レンタサイクル – Google マイマップ
    2. 2-2. 鎌倉鶴岡八幡宮周辺のおすすめ観光スポットをご紹介
    3. 2-3. 鎌倉鶴岡八幡宮周辺で食べられる地元グルメを紹介
  3. 3. 鎌倉鶴岡八幡宮を参拝する前に知っておきたいマナー
    1. 3-1. 参拝の流れや道具について理解しよう
    2. 3-2. 参拝時に気をつけるべきマナーと注意点を解説
    3. 3-3. 鶴岡八幡宮での記念撮影についてのルールを知ろう
  4. 4. 鶴岡八幡宮で叶う願いとご利益
    1. 4-1. 鶴岡八幡宮で祈れる願いやご利益を厳選紹介
    2. 4-2. 鶴岡八幡宮で厄除けや安産祈願をする方法を解説
    3. 4-3. 鶴岡八幡宮で日本酒をいただくという新しいご利益とは?!
  5. 5. よくある質問と回答
    1. 5-1. 鶴岡八幡宮はいつ行くのがおすすめ?
    2. 5-2. 鶴岡八幡宮にはどのような祭りがあるの?
    3. 5-3. 鶴岡八幡宮は一人旅で行っても安全なの?定番の観光ポイントは??
    4. 5-4. 鶴岡八幡宮周辺でのお土産や買い物について教えて!

1. 鎌倉鶴岡八幡宮の見どころとは?その歴史を紹介

鎌倉鶴岡八幡宮は、鎌倉時代に源頼朝が祀った武運長久を祈願するための神社です。
その歴史は古く、1180年代頃に建立され、その後度々改修されています。
鎌倉時代には、幕府の守護神としてまた近世には江戸幕府によって朱印状の授与を
受けるなど、歴代将軍の信仰も厚かったとされています。

鎌倉時代末期の元輝元年(1331年)には、扇谷上皇が北畠親房と共に鶴岡八幡宮に
籠城し、後醍醐天皇の挙兵(元弘の乱)の舞台となったことはよく知られています。
この戦いで、鶴岡八幡宮は重要な役割を果たし戦勝を祈願する石灯籠が現在も残されて
います。現在の鶴岡八幡宮の社殿は、江戸時代に建立されたもので、現在でも本殿や
拝殿など、格式高い建築物が残されています。6月15日から17日にかけて行われる

「鎌倉花火大会」をはじめ、様々な祭りが行われ、多くの人々に愛されています。

1-1. 鎌倉鶴岡八幡宮の建物や祭りについて知ろう

鶴岡八幡宮は、社殿や鳥居、石灯籠などがあり、歴史的な価値の高い建物が多く残って
いる神社です。中でも、国宝に指定されている大鳥居は、高さ16.3メートルにも及び、
圧巻の迫力を誇っています。また、参道には、500体以上の狐の置物がある「狐の軍団
が有名で、その迫力は一見の価値ありです。

さらに、鶴岡八幡宮では、年間を通して様々な祭りが行われています。
例えば、毎月1日には「一日大祭」があり、獅子舞やお囃子、神輿渡御などが行われます。
また、5月3日から5日にかけては、「春の大祭」が開催され、多くの参拝客で賑わいます。
このように、鶴岡八幡宮は神仏習合の歴史的な価値とともに、地元の人々に愛される祭り
が行われる場所としても知られています。

1-2. 鎌倉鶴岡八幡宮の由来と変遷を解説

鶴岡八幡宮は、鎌倉時代に源頼朝によって創建された、神奈川県鎌倉市にある神社です。
始めは三浦半島に鎮座していた神社でしたが、後に源頼朝によって現在の場所へと遷宮
されました。鶴岡山の頂上にあり、山下には薬師寺や長谷寺などの著名な寺院もある為、
鎌倉の五山」と呼ばれる風光明媚なスポットとしても知られています。

鶴岡八幡宮の建物は、本殿や拝殿などの建築様式からも鎌倉時代の特徴が感じられます。
また、鶴岡八幡宮にはさまざまな祭りがあり、年中行事としての「しゃくなげ祭り」や
流鏑馬祭り」、そしてその他の祭りが開催され、多くの人々から親しまれています。

2. 鎌倉鶴岡八幡宮のアクセス方法と周辺施設を紹介

2-1. 鎌倉鶴岡八幡宮へのアクセス方法と駐車場について

鶴岡八幡宮は、神奈川県鎌倉市に位置する歴史ある神社です。
・🚌鎌倉駅からバスに乗る場合は、江ノ電鎌倉駅東口から「渋谷行」または「北鎌倉行
 に乗り、「鶴岡八幡宮前」バス停で下車します。
 バス停から徒歩で約5分程度の距離にあります。
・🚙でのアクセスが一般的ですが、公共交通機関でも行くことができます。
 車で行く場合は、国道1号線を鎌倉方面に向かい、鶴岡八幡宮の看板が見えたら右折する
 と駐車場があります。駐車場は有料になりますが、近隣の駐車場よりも格安なので、
 利用することもおすすめです。

  ◆鶴岡八幡宮近辺の駐車場 神奈川県鎌倉市雪ノ下2丁目18の地図 – NAVITIME

◆鎌倉のレンタサイクル一覧表  鎌倉のレンタサイクル 【一番安いのは?乗り捨ては可能?】 (hirotravel.com)  鎌倉 レンタサイクル – Google マイマップ

2-2. 鎌倉鶴岡八幡宮周辺のおすすめ観光スポットをご紹介

鎌倉鶴岡八幡宮周辺には、魅力的な観光スポットがたくさんあります。以下では、その中
でも特におすすめの場所を紹介します。

・鶴岡八幡宮参道:
 参道は、鎌倉時代から続く歴史を感じられる場所です。参道には古い町並みや蔵が残る

「小町通り」という商店街があります。そこで、伝統的な銘菓やグルメを楽しんだり、
お土産を探したりすることができます。
・鎌倉国宝殿舎:
 鶴岡八幡宮には、平安時代の国宝建築「鎌倉国宝殿舎」があります。

 現在は修復中ですが、改修後には国宝建築を見学することができます。
・鎌倉銀座:
 銀座通りは、鎌倉有数の繁華街です。通りにはおしゃれなカフェやレストラン、

 掘り出し物のお店などが並びます。散策しながらおしゃれなお店を巡るのも楽しいです。
・鎌倉市博物館:
 鎌倉市博物館は、鎌倉時代に関する資料が展示されている美術館です。

 展示品は貴重なもので、鎌倉時代の生活や文化に興味がある方には必見です。
・長谷寺:
 鎌倉で有名な寺院の一つで、江戸時代に建てられた本堂や仏殿は見所の一つです。

 また、長谷寺の中には、可愛らしい猫の置物を発見できる場所もあります。
 以上、鎌倉鶴岡八幡宮周辺のおすすめ観光スポットを紹介しました。
 是非、鎌倉観光の際には訪れてみてください。

2-3. 鎌倉鶴岡八幡宮周辺で食べられる地元グルメを紹介

鶴岡八幡宮周辺でランチに使えるお店をお探しですね。
鶴岡八幡宮周辺で人気のお店は以下のようなものがあります。

◆地元グルメ:鶴岡八幡宮周辺のグルメ 5選 【トリップアドバイザー】 (tripadvisor.jp)

①食事:
うどん 鎌倉みよし:うどん3位:鎌倉市のレストラン1,241軒中
鎌倉 峰本 八幡宮前本店 : 和食創作和食 27位:鎌倉市のレストラン1,060軒中
和彩 八倉 小町通り店;和食:33位:鎌倉市のレストラン1,241軒中

鎌倉 峰本 八幡宮前本店:和食:32位:鎌倉市のレストラン1,241軒中

②お土産:
◆ひもの山安 直売店 鎌倉店:
   ひもの山安 直売店 鎌倉店 (鎌倉市) の口コミ30件 – トリップアドバイザー (tripadvisor.jp)

紅谷 八幡宮前 本店:218位:鎌倉市のレストラン1,241軒中
鎌倉まめや 小町通り店8位:鎌倉市のレストラン1,241軒中

 

3. 鎌倉鶴岡八幡宮を参拝する前に知っておきたいマナー

3-1. 参拝の流れや道具について理解しよう

鶴岡八幡宮は多くの参拝客で賑わう神社です。それぞれの方がきちんと参拝できるように、
ここでは参拝の流れや用意するべき道具について解説していきます。

まず、参拝には手水舎で手を清めることから始めます。手洗い場には手水桶と柄杓
(はさらい)があります。柄杓は手を清めるためのもので、左手で持ち、右手に水を
かけてから左手で水をすくい右手を清めます。

その後、口も清めます。
次に、拝殿に進み、玉串(たまぐし)、お賽銭、御神酒(おみき)、御幣(おぬの)
の用意をします。玉串は神様にお供えするもので、お詣りの際に手に持ちます。

お賽銭は神社の維持や管理に役立てられるためのお金で、拝殿のすぐ脇にある賽銭箱へ
入れます。御神酒は神様の前に飲むお酒で、御神酒の瓶を拝殿に置くことができます。
御幣は神様にささげる布で、拝殿からアプローチにかけて張られた綱にくくります。

最後に、玉串を手に持ち、参拝を始めます。拝殿に向かって一礼し、二拍子の拍手を
してから合掌しお詣りをします。お詣りが終わったら一礼してから拝殿を後にします。
参拝の際には、靴を脱ぐ場合がありますので、靴下を使用することをおすすめします。
また、あまり派手な洋服やスカートの着用は避け、控えめな服装でも問題ありません。

3-2. 参拝時に気をつけるべきマナーと注意点を解説

鶴岡八幡宮を参拝する際には、次のようなマナーに気をつけましょう。
・靴を脱ぐ:参道から拝殿まで、靴を脱いで参拝します。
・正面から拝む:祭壇に立つ場合、正面から拝んでください。
・身なりを整える:できるだけ清潔な服装で参拝します。
・カメラの使用は注意:撮影する際は、注意をして迷惑にならないようにしましょう。
・静かに参拝する:周りに迷惑をかけないように、大声で話したり、走り回ったり
 しないようにします。
・ご祈祷は一列に並ぶ:神社によって異なりますが、一列に並び、よく指示を聞いて
 進んでいくようにします。
 また、神社では犬の同伴は基本的に禁止されています。他の参拝者や神職の方々に
迷惑がかかるため、犬を連れての参拝は控えましょう。

 マナーを守って参拝することで、より深い心の交信ができます。

3-3. 鶴岡八幡宮での記念撮影についてのルールを知ろう

鶴岡八幡宮では参拝者が記念撮影をすることができますがルールを守って行ってください。
まず、社殿内では禁止されているため、社殿の前や境内内でのみ撮影が可能です。

また、他の参拝者に迷惑をかけないように、周りの様子を確認してから撮影してください。
さらに、写真撮影には静かに行うようにしましょう。携帯電話などで鳴る着信音はオフに|

して、マナーモードで使用してください。

また、鶴岡八幡宮は神聖な場所であるため、撮影する際は適切なマナーを守りましょう。
服装や態度にも気をつけて、敬意を表すようにしましょう。
最後に、撮影した写真をSNSなどで公開する場合は、他の参拝者や地元の方々に配慮した
上で行ってください。

4. 鶴岡八幡宮で叶う願いとご利益

4-1. 鶴岡八幡宮で祈れる願いやご利益を厳選紹介

鶴岡八幡宮は、厄除け、開運、縁結び、安産、商売繁盛など様々な願いが叶うとされて
います。以下に、鶴岡八幡宮で祈れる代表的な願いやご利益を厳選して紹介します。
1.厄除け
鶴岡八幡宮は、「火難・水難・盗難・厄難を避ける神」として知られています。

厄年や厄払いをしたいという方には、是非参拝していただきたい神社です。
2.開運
鶴岡八幡宮には、開運の御守りやお守りがあります。金運や学業、健康など様々な分野

での開運を願い、お守りを手に入れることができます。
3.縁結び
鶴岡八幡宮は、縁結びの神としても知られています。恋愛・結婚に関する願いをしよう

と思ったら、ぜひ参拝してみてください。
4.安産
妊娠中の女性や、安産を祈りたい方には、鶴岡八幡宮がおすすめです。鶴岡八幡宮には、

安産のお守りもありますので、ご利用ください。
5.商売繁盛
商売繁盛を願うためのお守りやお札も多く販売されています。商売がうまくいっていない

方は、是非鶴岡八幡宮に参拝して商売繁盛を祈ってみてください。
鶴岡八幡宮にはその他にも、交通安全や試験合格など、様々な願いが叶うご利益があり
ます。お参りの際は、自分が願うことを明確にして臨んでみてください。

4-2. 鶴岡八幡宮で厄除けや安産祈願をする方法を解説

厄除けや安産祈願といった、さまざまな願いをかけることができるパワースポットとして
も知られています。厄年の方や妊娠中の方は、特に参拝したい場所かもしれません。

厄除けをしたい場合は、厄年の本人が、一之鳥居をくぐり、拝殿に向かいます。
拝殿でお賽銭を入れた後、左手にある厄除けのくぎを一本購入し、自分の厄年の向きに
向かってつけます。

安産祈願をしたい方は、女性専用の拝殿で行うことができます。
こちらも一之鳥居をくぐり、女性専用の参道を進んでいきます。拝殿でお賽銭を入れた
後、安産祈願のお守りを手に取り徳力を手に塗ってから胸ポケットなどに入れて持ち帰
ります。さらに、ご婦人の間で人気があるのが、「安産の松明」というものです。
妊娠中の方が、お腹の中の赤ちゃんが無事に誕生できるように、2つの松明を購入し、
それぞれ左右の手に持ちます。拝殿に向かい、松明を振ることで、安産を祈願します。

厄除けや安産祈願をする場合は、鶴岡八幡宮のマナーに従い、静かに参拝するように心
がけることが大切です。

4-3. 鶴岡八幡宮で日本酒をいただくという新しいご利益とは?!

それぞれの神様が守護する地域の酒蔵が奉納した日本酒があります。この日本酒をいただく
ことで、鏡開きを行ったかのような気分になり、商売繁盛や家内安全、交通安全など様々な
願いが叶うといわれています。

また、この日本酒は鶴岡八幡宮でしか手に入らない限定品となっており、お土産としても
人気があります。

ただし、神聖な場所である鶴岡八幡宮で日本酒をいただく際には、マナーやルールを守る
ことが非常に重要です。手土産として持参する場合には、必ず事前に宮司への了承を得る
ようにしてください。また、日本酒の飲み過ぎには十分に注意しましょう。

5. よくある質問と回答

5-1. 鶴岡八幡宮はいつ行くのがおすすめ?

鶴岡八幡宮のおすすめの時期は、春の桜の季節や、秋の紅葉が美しい季節です。特に、
正月三が日や、お盆の時期は多くの参拝客で賑わいます。また、鶴岡八幡宮の例祭である
「鹿島祭」は毎年5月の第3月曜日に行われます。参加することで、本来の鶴岡八幡宮の祭
りの雰囲気を味わうことができます。なお、鶴岡八幡宮は年中無休で、いつでも参拝する
ことができます。ただし、混雑する場合もあるので、時間帯によっては注意が必要です。

5-2. 鶴岡八幡宮にはどのような祭りがあるの?

鶴岡八幡宮には、年間を通して多くの祭りが行われます。その中でも特に有名なのが、
毎年5月15日に行われる「鶴岡八幡宮例大祭」です。この祭りでは、山車の巡行や華やかな
神事が行われ、多くの人々で賑わいます。

1月15日に行われる「節分祭」では、厄除けのために鬼を追い払う豆まきが行われます。
8月17日に行われる「鹿島祭」では獅子舞や鼓笛隊のパフォーマンスなどが披露されます。
11月15日に行われる「新嘗祭」では、米でできた五穀豊穣を感謝し、新しいお米を捧げる

神殿祭が行われます。これらの祭りは、鶴岡八幡宮の歴史や伝統を感じることができ多く
の観光客に愛されています。

5-3. 鶴岡八幡宮は一人旅で行っても安全なの?定番の観光ポイントは??

参拝客だけでなく観光客にも人気があります。一人旅で安全に楽しめる観光スポットです。
ただし、混雑する時期や時間帯には注意が必要です。人気のある時間帯に行くと、混雑し
ていることがありますので、できれば混雑しない時間帯を狙って行くことをオススメします。

定番の観光スポットとしては、鶴岡八幡宮の拝殿や神殿、境内の中でも、八百万の森と呼
ばれる森林公園、大楠と言われる巨木、拝殿裏手の逆瀬川、御手水場、そして4月に行わ
れる桜祭りがあります。また、周辺には美術館や博物館、名所旧跡などもありますので、
1日中楽しむことができます。

また、周辺の地元民にお勧めされる地元グルメもたくさんあります。鶴岡八幡宮前の参道
には、飲食店やお土産屋さんが並んでいます。新鮮な海産物を使った料理が人気で、特に
お寿司や海鮮丼がオススメです。地元の野菜や肉を使用した郷土料理も味わえます。
お土産には、酒蔵で造られた美味しい日本酒や、和菓子、漆器、銘菓などがありますよ。

5-4. 鶴岡八幡宮周辺でのお土産や買い物について教えて!

鎌倉鶴岡八幡宮周辺には多くのお土産屋や飲食店があり、鎌倉を訪れた観光客たちに
大変人気です。まずは、お土産屋さんを紹介します。ここでは、鶴岡八幡宮の神秘的
な雰囲気を感じることができる縁起物や、日本の伝統文化を感じる和雑貨を取り揃え
ています。また、おみくじやお守りも揃っているので、参拝の際にはぜひお立ち寄り
ください。

また、鎌倉名物の甘味処や和菓子屋も充実しています。おすすめは、『堀川』の宇治
金時あんみつ。こちらは、鎌倉にある老舗和菓子店で、地元の人にも大変愛されてい
ます。また、鎌倉を代表する名物として知られている『鶴岡八幡宮』の名前が入った、
様々なお菓子も販売されています。

鎌倉に来たら、海鮮料理も食べてみたいですよね。鶴岡八幡宮周辺にも様々な海鮮料
理店がありますが、おすすめは『鎌倉 海鮮茶屋 すし菊』です。こちらは、新鮮な魚介
類を使った握り寿司をおいしくいただけるお店として多くの人々に愛されています。
また、鎌倉には和食レストランもたくさんあり、鎌倉らしい風情を感じることのできる、
おすすめランチスポットとしてもお勧めです。

以上のように、鎌倉鶴岡八幡宮周辺には、お土産屋さん、和菓子屋、海鮮料理店など、
様々な店舗があります。観光客の方々にはぜひ、鎌倉らしい雰囲気を感じながら、
散策を楽しんでいただきたいと思います。

#鎌倉覚園寺 知られざる穴場の魅力 5月8日まで浄域、開山塔まで特別参拝
https://nobu32.com/kamakura_kakuonji/

#報国寺 を存分に楽しむためのおすすめ情報!見どころの楽しみ方やお土産紹介
https://nobu32.com/houkokuji/

#杉本寺 苔の階段に特徴がある鎌倉最古の寺院ご紹介


タイトルとURLをコピーしました