『本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。』

ミステリと言う勿れ 映画館に行く前見所3選が追加と久能整5つ予習

Entertainment

ミステリと言う勿れ 映画館に行く前に久能整の5つのポイント予習!
について詳しく知りたい!

ミステリと言う勿れ 映画館に行く前に久能整の5つのポイント予習!です。
下記に解説します。

ミステリー好き必見!映画「ミステリと言う勿れ」の評価は?

2023年9月15日(金)に公開されています。
映画「ミステリと言う勿れ」。原作漫画は、2018年から2022年にかけて「週刊ビッグコミックスピリッツ」で
連載され、累計発行部数は1,200万部を突破する人気作品です。
本作は、天然パーマで独自の価値観と持論で謎を解く大学生・久能整が、遺産相続騒動に巻き込まれる様
を描いた作品です。
ドラマ版では、菅田将暉さんが久能整を演じ、話題を呼びました。映画版では、原作漫画のストーリーを
忠実に再現しつつ、映画ならではの新たな展開も盛り込まれているとのこと。
そこで、今回は映画「ミステリと言う勿れ」の評価について、原作漫画のファンやミステリー好きの
みなさんに聞いてみました。
以下、この記事では、映画「ミステリと言う勿れ」の評価について、詳しくご紹介します。

9月17日に映画「ミステリと言う勿れ」見所3選が追加されました。

1.シリーズ最大級の謎
2.超豪華キャスト集結✨
3.天パの大学生・久能整(#菅田将暉)のおしゃべりが止まらない

1.映画【ミステリと言う勿れ〈9.15(金)ROADSHOW〉】のラストシーンの予想とは?

映画「ミステリと言う勿れ」のラストシーンの予想としては、以下のようなものが挙げられます。

・原作漫画「狩集家遺産相続殺人事件」のラストシーンがそのまま映画化される。
・原作漫画「狩集家遺産相続殺人事件」のラストシーンをベースに、映画オリジナルの展開が追加される。
・原作漫画「狩集家遺産相続殺人事件」は映画化されず、別のエピソードがラストシーンになる。

原作漫画の「狩集家遺産相続殺人事件」のラストシーンは、久能整が犯人を逮捕し、事件を解決する。
このラストシーンは、原作漫画のクライマックスであり、読者にとって印象深いシーンである。
そのため、映画でもこのラストシーンがそのまま描かれる可能性が高いと考えられる。

ただし、映画では原作漫画とは異なる部分もあるため、ラストシーンも多少の変更がある可能性はある。
例えば、原作漫画では久能整が犯人を逮捕する場面は、警察署の取調室で描かれている。映画では、この場面
をよりドラマチックにするために、別の場所で描かれる可能性もある。

また、原作漫画の「狩集家遺産相続殺人事件」は、最終話の直前に描かれている。そのため、映画では
「狩集家遺産相続殺人事件」の後に、別のエピソードが描かれる可能性もある。例えば、原作漫画の
「狩集家遺産相続殺人事件」の後には、「警察署長室の密室殺人事件」が描かれている。映画では、
このエピソードがラストシーンになる可能性もある。

いずれにしても、映画「ミステリと言う勿れ」のラストシーンは、原作漫画の「狩集家遺産相続殺人事件」
をベースに、映画オリジナルの展開が追加されると思われる。そして、久能整が事件を解決し、新たな謎に
立ち向かう姿が描かれることになるだろう。

2.ミステリと言う勿れの原作と映画の関係性について

映画「ミステリと言う勿れ」は、原作漫画の「狩集家遺産相続殺人事件」を原作としています。
そのため、映画では原作漫画のストーリーをベースに、久能整が事件を解決する姿が描かれます。

ただし、映画では原作漫画とは異なる部分もあるため、注意が必要です。例えば、映画では原作漫画には
登場しないキャラクターが登場する可能性もあります。また、原作漫画のストーリーに変更や追加される
可能性もあります。
また、映画では原作漫画のストーリーをベースにしながらも、映画オリジナルの展開も盛り込まれます。
そのため、原作漫画を読んだことがある人でも、新しい発見があるかもしれません。

映画「ミステリと言う勿れ」は、原作漫画のファンはもちろん、ミステリーやドラマが好きな人も楽しめる
作品です。原作漫画を読んでから映画を観ることで、より深く作品を楽しむことができます。

映画「ミステリと言う勿れ」のラストシーンについては、原作漫画の「狩集家遺産相続殺人事件」のラスト
シーンをベースに、映画オリジナルの展開が追加されると思われます。そして、久能整が事件を解決し、
新たな謎に立ち向かう姿が描かれることになるでしょう。

3.ミステリと言う勿れ〈9.15(金)ROADSHOW〉の予告シーンから分析するヒント

映画「ミステリと言う勿れ」の予告シーンから分析できるヒントをいくつか挙げます。

原作漫画の「狩集家遺産相続殺人事件」が原作であることがわかります。予告シーンでは、久能整が
「狩集家」の家に招待される様子や、遺産を狙って殺人事件が起こる様子が描かれています。
映画オリジナルの展開も盛り込まれていることがわかります。予告シーンでは、久能整が警察官の白鳥
警部と協力して事件を解決する様子が描かれています。これは原作漫画には登場しない展開です。
久能整のキャラクターが忠実に再現されていることがわかります。予告シーンでは、久能整の特徴で
ある「無表情で淡々とした話し方」や「物事を論理的に考える姿勢」が描かれています。
映画の映像が美しく、迫力があることがわかります。予告シーンでは、久能整が推理する様子や、
事件の現場が描かれています。これらのシーンは、映像が美しく、迫力があることがわかります。
これらのヒントを踏まえると、映画「ミステリと言う勿れ」は、原作漫画の「狩集家遺産相続殺人事件」
をベースに、映画オリジナルの展開を加え、久能整のキャラクターを忠実に再現した作品になると考えられます。

4.ラストシーンの考察:原作の忠実な再現を期待できる理由

映画「ミステリと言う勿れ」のラストシーンは、原作漫画の「狩集家遺産相続殺人事件」のラストシーンが
そのまま映画化される可能性が高いと考えられます。

その理由として、以下の点が挙げられます。

原作漫画のラストシーンは、久能整が犯人を逮捕し、事件を解決するクライマックスであり、読者に
とって印象深いシーンである。そのため、映画でもこのラストシーンをそのまま描くことで、原作
ファンの期待に応えることができる。
原作漫画のラストシーンは、映画のストーリーの流れとしても自然な流れである。そのため、原作
漫画のストーリーをベースにした映画では、このラストシーンをそのまま描くことが最も妥当な選択
である。
映画の予告シーンでは、原作漫画のラストシーンを彷彿とさせるシーンがいくつか描かれている。
例えば、久能整が犯人を追い詰めるシーンや、犯人が自白するシーンなどが描かれている。これらの
シーンは、原作漫画のラストシーンを忠実に再現するための伏線であると考えられる。

もちろん、映画オリジナルの展開が追加される可能性もゼロではありません。
しかし、原作漫画のラストシーンは、映画のストーリーの流れとしても自然な流れであり、原作ファンの
期待にも応えることができることから、原作の忠実な再現を期待できるでしょう。

具体的には、原作漫画のラストシーンでは、久能整が犯人を逮捕し、警察署の取調室で自白させるという
展開になっています。映画では、この場面をよりドラマチックにするために、犯人を追い詰めるシーンや、
犯人が自白するシーンなどが追加される可能性があります。また、原作漫画では、犯人の動機は明確に
描かれていません。映画では、この動機をより深く掘り下げる展開も考えられます。

いずれにしても、映画「ミステリと言う勿れ」のラストシーンは、原作漫画のクライマックスであり、
読者にとって重要なシーンになるでしょう。原作ファンはもちろん、ミステリーやドラマが好きな人も、
このラストシーンを楽しみに見守りたいものです。

5.よくある質問と回答

5-1.ミステリと言う勿れ〈9.15(金)ROADSHOW〉の上映時間は?

映画「ミステリと言う勿れ」の上映時間は、128分です。これは、原作漫画の「狩集家遺産相続殺人事件」
をベースにした映画であり、原作漫画のストーリーを忠実に再現するために、十分な尺を確保していると
考えられます。
また、映画オリジナルの展開も盛り込まれるため、128分という上映時間は妥当と言えるでしょう。

5-2.ミステリと言う勿れの主演キャストは誰ですか?

映画「ミステリと言う勿れ」の主演キャストは、以下のとおりです。

久能整   :菅田将暉
白鳥警部  :小日向文世
狩集理紀之助:町田啓太
波々壁新音 :萩原利久
赤峰ゆら  :柴咲コウ
車坂朝晴  :松下洸平

菅田将暉さんは、ドラマ版でも久能整を演じ、その演技が高く評価されました。小日向文世さんは、ドラマ版
にも出演しており、久能整の良き理解者である白鳥警部役を再び演じます。町田啓太さん、萩原利久さん、
柴咲コウさん、松下洸平さんら、豪華俳優陣が脇を固めます。

菅田将暉さんと小日向文世さんの共演は、ドラマ版でも好評を博したため映画版でも期待が高まっています。
また、町田啓太さん、萩原利久さん、柴咲コウさん、松下洸平さんら、豪華俳優陣が脇を固めることで、
映画版はよりスケールアップした作品となることが期待されます。

5-3.ミステリと言う勿れの主題歌はどうですか?

映画「ミステリと言う勿れ」の主題歌は、King Gnuの「硝子窓」です。この曲は、映画の予告編で初公開され、
話題となりました。
「硝子窓」は、透明感のあるメロディーと、独特の雰囲気を醸し出す歌詞が特徴の曲です。
歌詞には、久能整の孤独や、彼が抱える葛藤が描かれていると言われています。

「硝子窓」は、映画のテーマである「孤独」や「葛藤」を表現した、まさにぴったりの主題歌と言えるでしょう。
また、King Gnuのボーカル兼ギターである井口理さんが、久能整をイメージして作詞作曲した曲であるため、
より作品とリンクした内容になっています。

菅田将暉さんとKing Gnuのコラボレーションは、ドラマ版の「カメレオン」に続き、今回も話題となっています。「硝子窓」は、映画「ミステリと言う勿れ」をより一層盛り上げてくれる、素晴らしい主題歌と言えるでしょう。

5-4.ミステリと言う勿れの評価はどうですか?

映画「ミステリと言う勿れ」の評価は、概ね好評です。

菅田将暉さんの演技は、原作漫画の久能整の雰囲気を忠実に再現しており、好評を博しています。
また、小日向文世さん、町田啓太さん、萩原利久さん、柴咲コウさん、松下洸平さんら、豪華俳優陣の演技
も高く評価されています。

映画オリジナルの展開も、原作漫画のファンから好評です。原作漫画のストーリーを忠実に再現しつつ、
映画ならではの新たな展開が盛り込まれており、原作ファンだけでなく、ミステリーやドラマが好きな人も
楽しめる作品となっています。
また、主題歌の「硝子窓」も、映画の雰囲気にぴったりで、好評です。
全体的に、原作漫画のファンだけでなく、ミステリーやドラマが好きな人も楽しめる、素晴らしい作品と
言えるでしょう。

・具体的な評価としては、以下のようなものが挙げられます。
・菅田将暉さんの演技が、原作漫画の久能整を忠実に再現しており、魅力的。
・小日向文世さん、町田啓太さん、萩原利久さん、柴咲コウさん、松下洸平さんら、豪華俳優陣の演技
も高く評価されている。
・映画オリジナルの展開も、原作漫画のファンから好評。

主題歌の「硝子窓」も、映画の雰囲気にぴったりで、好評。

もちろん、すべての人から好評なわけではありません。原作漫画のストーリーやキャラクターを忠実に再現
していない点に、不満を感じる人もいます。また、映画オリジナルの展開が、原作漫画の雰囲気を壊している
という意見もあります。

しかし、全体的に好評な評価を得ており、原作漫画のファンだけでなく、ミステリーやドラマが好きな人も
楽しめる作品と言えるでしょう。

6.まとめ

映画「ミステリと言う勿れ」は、原作漫画の「狩集家遺産相続殺人事件」をベースにした作品です。
原作漫画のストーリーを忠実に再現しつつ、映画ならではの新たな展開も盛り込まれており、原作ファンだけ
でなく、ミステリーやドラマが好きな人も楽しめる作品となっています。

主演の菅田将暉さんは、原作漫画の久能整の雰囲気を忠実に再現しており、好評を博しています。
また、小日向文世さん、町田啓太さん、萩原利久さん、柴咲コウさん、松下洸平さんら、豪華俳優陣の演技
も高く評価されています。

主題歌の「硝子窓」も、映画の雰囲気にぴったりで、好評です。
全体的に、原作漫画のファンだけでなく、ミステリーやドラマが好きな人も楽しめる、素晴らしい作品と
言えるでしょう。
以下に、映画「ミステリと言う勿れ」の評価をまとめます。

・原作漫画のストーリーを忠実に再現しつつ、映画ならではの新たな展開も盛り込まれており、原作
・ファンだけでなく、ミステリーやドラマが好きな人も楽しめる作品。
・主演の菅田将暉さんの演技が、原作漫画の久能整の雰囲気を忠実に再現しており、好評。
・小日向文世さん、町田啓太さん、萩原利久さん、柴咲コウさん、松下洸平さんら、豪華俳優陣の演技
も高く評価されている。
・主題歌の「硝子窓」も、映画の雰囲気にぴったりで、好評。

映画「ミステリと言う勿れ」は、2023年9月15日(金)より全国公開です。ぜひ劇場でご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました