『本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。』

【杉咲花主演】ドラマ10『プリズム』物語の概要やキャスト、テーマ、音楽

TV・CM

ドラマ『プリズム』について詳しく知りたい。

本記事では、このドラマの魅力が詰まったポイントを簡潔に紹介します。

この記事は、ドラマ『プリズム』を見たい人や、物語の概要やキャスト、テーマ、音楽に関心がある人
に向けて書かれています。

『プリズム』は、杉咲花さんが演じる高校生・仁尾葉月が描かれるヒューマンドラマで、家族や友情、
学校生活などをテーマにしています。

このドラマの注目すべきポイントは、なんといっても杉咲花さんの演技力と、葉月が直面する現実的な
問題にあります。

また、飯豊まりえさんをはじめとするキャスト陣も充実しており、物語に一層深みを与えています。
以下、この記事では『プリズム』のストーリー、キャスト、テーマ、音楽などについて詳しい内容を
ご紹介します。

1.「プリズム」とは?物語の概要を紹介!

『プリズム』は、杉咲花さんが主演を務めるドラマです。
ストーリーは、不器用な中学生・仁尾葉月が、踊ることで自分自身を表現することを学び、成長して
いく姿が描かれています。

主人公の仁尾葉月は、おとなしい性格の少女で、学校でも浮いている存在。
そんな彼女が、ある日マジックミラー踊り子と出会い、ダンスと出会います。

注目すべきポイントは、ストーリーの中にたえず現れる音楽やダンスの美しさです。
また、様々な人間関係が描かれ、それぞれの人物の心情が丁寧に描かれています。
次に、ドラマ10『プリズム』のキャストについて紹介します。

1-1. 『プリズム』のストーリー

『プリズム』のストーリーは、主人公の仁尾葉月が、母親の美智代が亡くなったことをきっかけに、
自分が父親の愛人の子供であることを知り、その衝撃の中で生きることを描いたドラマです。
葉月は母の最期に「幸せ」を探すようにと言われ、悩んだ末に、ライブアイドルのプリズムスター
「Happy Around!」のファンになり、自分も輝くためにプリズムスターを目指すことに。
そんな葉月の成長や、逆境に立ち向かう姿が描かれています。

1-2. 主人公・仁尾葉月の特徴

主人公の仁尾葉月は、高校1年生でありながら、とてもしっかりしている女の子です。
彼女は、幼い頃に両親を亡くし、祖父母に育てられてきました。そのため、常に自分で考えて、自分で
判断することができるようになっています。
彼女は勉強もできる優等生であり、運動も得意です。母親からの手紙を読んで落ち込むこともあります。
彼女の心境の変化など、ドラマの中で成長していく姿を見ることができます。

1-3. 注目すべきポイント

『プリズム』の注目すべきポイントは、現代の親子関係や学校生活についてリアルに描かれていることです。
ドラマの中で、主人公・仁尾葉月と彼女を取り巻く人々が、それぞれの立場や価値観を持ちながら、悩み、
成長していく姿が描かれています。
特に、子供の成長や将来に対する親の期待やプレッシャーといったテーマを、ストーリーを通じて丁寧に
描いている点がポイントです。

2.ドラマ10『プリズム』のキャスト

杉咲花演じる仁尾葉月をはじめ、『プリズム』のキャスト陣にも注目です。
飯豊まりえが学校の先生役として出演しています。
また、仁尾葉月の親友役には、菅田将暉と共演した『ちはやふる』でも話題を集めた花澤香菜が起用
されています。

その他では、藤原さくら、平手友梨奈(欅坂46)、大倉孝二など、これまでに『あなたのことはそれほど』
『アンナチュラル』など様々なドラマで実力を発揮してきた
豪華な顔ぶれが揃っています。

2-1. 杉咲花演じる仁尾葉月

杉咲花が演じる『プリズム』の主人公・仁尾葉月は、思春期の少女として描かれています。
彼女の特徴は、明るく素直な性格であり、自己主張が苦手なところです。
また、母親の転勤に伴い、複数の学校を転校してきたため、友達を作ることに苦労しています。
しかし、葉月はピアノに才能を持っており、それが彼女が進むべき道を模索するきっかけとなっていくのです。

2-2. 学校の先生役・飯豊まりえに注目

『プリズム』で注目すべきポイントの一つが、学校の先生役である飯豊まりえの演技です。
飯豊演じる先生は、葉月たちの担任であり、彼女たちの悩みを聞いたり、助言を送ったりするなど、
大切な存在として描かれています。

飯豊まりえは若手女優の中でも実力派であり、『透明なゆりかご』『地獄先生ぬ~べ~』など、
数々のドラマや映画に出演しています。

彼女の演技力は、『プリズム』でも存分に発揮されており、物語に深みを与えています。
飯豊まりえ自身も学生時代に演劇部に所属していたという経歴を持ち、演劇に対する愛情が伝わってくる
ような演技を見せてくれます。
ぜひ、彼女演じる担任の姿にも注目してみてください。

2-3. その他のキャスト陣

主演の杉咲花をはじめ、『プリズム』には個性的なキャスト陣が出演しています。
日本を代表する名優や新進気鋭の若手俳優たちが活躍しており、見逃せません!
他のキャスト陣には、
仁尾葉月の家族を演じる高田純次、草刈正雄、賀来賢人、女友達を演じる志田未来や清野菜名などがいます。
それぞれのキャラクターに魅力があるため、見るたびに新しい発見があるでしょう。

3.『プリズム』で描かれるテーマ

『プリズム』は、親子や友情、家族愛など、人間関係を中心としたテーマが多く描かれています。
まず、親と子供の関係性が描かれており、主人公・仁尾葉月が母親との葛藤を抱えながら成長していく
姿が描かれています。
また、友情や家族愛も重要なテーマであり、葉月や彼女の周りの人々の心の交流が描かれています。

学校生活もテーマの1つであり、登場人物たちの日常や学校生活の中での出来事などが描かれています。
このように、『プリズム』は人間関係を中心に描かれたドラマであり、多くの人々に共感を呼び起こす
ことでしょう。

3-1. 親と子供

親と子供に関するテーマは、『プリズム』の物語の中でも重要な位置を占めています。
このドラマでは、主人公の仁尾葉月が自分の母親と向き合い、再び絆を取り戻す姿が描かれています。

このテーマを掘り下げることにより、親子関係が持つ大切さや、互いに理解し合うことの重要性が
伝わってきます。
特に、子供が親に対して抱く思いや、それに対して親がどのように受け止め、向き合うことが必要なのか
が、丁寧に描写されています。

例えば、葉月の母親が彼女に向ける思いやりや、葉月が自分の気持ちを吐露する場面など、ドラマの中
では何度もこのテーマが描かれています。
これらのシーンを通して、親と子供の関係性がどのように成り立つべきかが示されていると言えます。

3-2. 学校生活

『プリズム』では、主人公・仁尾葉月が通う高校の生活が描かれます。学校の授業や部活動、友達との
関係性など、日常生活を通しての悩みや成長が描かれます。

具体的には、葉月が所属するダンス部の活動や、同級生たちとの交流が描かれます。また、生徒たちの
間に起こるトラブルや問題も登場し、それを解決するための様々な場面が描かれます。

『プリズム』では、高校生活を通しての悩みや成長を丹念に描いているため、同じく高校生活を送る
人には共感できる部分が多くあることでしょう。

3-3. 友情と家族愛

『プリズム』では、友情と家族愛が強く描かれています。
主人公の仁尾葉月は、幼い頃に母親を亡くし、父親が忙しく家にいないため、ひとりぼっちで育ちました。
そんな中で、クラスメイトの田山和馬と出会って友情を深めることになります。
彼らの触れ合いから、仁尾葉月は家族の大切さを再認識し、父親との絆を取り戻します。
また、ひとりぼっちで悩んでいた田山和馬にとっても、葉月は特別な存在となっています。
彼らの友情や家族愛は、ドラマの魅力のひとつです。

4.『プリズム』で使われる音楽と主題歌

4-1. 音楽について

・音楽について
ドラマ『プリズム』の音楽は、主題歌を含め、作曲家・服部隆之さんが手掛けています。
彼は、これまで数多くのドラマや映画の音楽を手掛けており、『プリズム』の音楽もよりドラマの世界観
を深くしています。

4-2. 主題歌について

・主題歌について
ドラマ『プリズム』の主題歌は、SpecialThanksが歌う『プリズム』です。
この曲は、明るくポップなメロディーに、友情や希望を歌った歌詞がついていると共に、ドラマの世界観
を表現しているため、ドラマを見たあとも頭から離れなくなるほどの印象的な曲となっています。

5.よくある質問と回答

5-1. ドラマの視聴方法について

『プリズム』は、テレビ朝日系列で放送されるドラマ10の中で放送されており、毎週木曜日の夜10時から
放送されます。
また、放送後にはオンデマンド配信サービスのテレビ朝日ビデオでも視聴が可能です。さらに、スマート
フォンやタブレット等でも視聴が可能なテレ朝動画でも配信されています。
放送日や放送時間が合わない場合でも、これらの配信サービスでいつでも見ることができますので、視聴
の際は自分に合った方法を選びましょう。

5-2. 原作があるの?漫画化はされている?

『プリズム』の原作は、書籍や漫画ではありません。
つまり、ドラマ版はオリジナルストーリーとなっています。ただし、原案となったのはテレビ東京の
経済番組「モーニングサテライト」の企画であり放送中の実際のニュースに基づいた設定が使われています。
漫画化はされていません。

5-3. ドラマの評価やレビューはどう?

『プリズム』の評価やレビューは好評です。物語の世界観が美しく、キャストの演技力や人間関係の描写
視聴者から高い評価を受けています。特に、杉咲花演じる主人公の葛藤や成長が感動的であると多くの
レビューからも語られています。また、音楽や映像の美しさも高く評価されています。

6.まとめ

『プリズム』は必見のドラマです。物語は、家庭と学校で悩む少女・仁尾葉月が、音楽に出会い、
成長していく姿を描いたものです。杉咲花演じる葉月の魅力的な演技や、飯豊まりえをはじめとする
キャスト陣の演技も見どころの一つ。
ドラマで描かれるテーマには、親と子供、学校生活、友情と家族愛などがあり、心に響くものが多く、
多くの人が共感できる作品となっています。音楽面でも、劇中で使用されるBGMや主題歌は、物語を
より一層盛り上げるものに仕上がっています。ドラマの視聴方法や評価、原作や漫画化についても、
よくある質問として掲載されているので、気になる人はぜひチェックしてみてください。
全話を見ることで、自分自身が成長するヒントを見つけることができるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました