『本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。』

ラグビー日本代表ワールドカップ初戦のチリ戦勝利! 勝ち点5が必要

Entertainment

ラグビー日本代表ワールドカップ初戦のチリ戦勝利! 勝ち点5が必要。
について、詳しく知りたい!

9月10日初戦のチリ戦は完全勝利が必要です。
チリチームを中心に明記しています。

2023年ラグビーワールドカップが開幕する。
日本代表は、2019年大会で南アフリカ代表を破り、世界に衝撃を与えた。
今年の大会でも、ベスト8進出を目指して奮闘する。

その初戦で対戦するのが、南米屈指の強豪・チリ代表だ。
チリ代表は、スピードとスキルを活かしたランニングアタックを得意とする。
特に、スタンドオフのロドリゴ・フェルナンデス選手と、ウイングのサンティアゴ・ビデラ選手は、
抜群のスピードとスキルを誇る。

日本代表は、2022年の欧州遠征で、セットプレーの精度が低下し、チームワークの不足が目立ちた。
しかし、2023年W杯に向けて、セットプレーの強化とチームワークの向上に取り組んでいる。

初戦のチリ代表戦は、日本代表にとって、初戦を白星で飾り、勢いをつけるためにも、絶対に勝たな
ければならない試合だ。
この記事では、日本代表が初戦を勝利するために、押さえておきたいポイントを詳しくご紹介する。



  1. 1.日本代表の目標は1次リーグ突破!勝利は絶対!
    1. 1-1.チリ代表との初戦に向けて
    2. 1-2.勝ち点4ではなく5が必要な理由
    3. 1-3.チリ代表の実力と挑戦の姿勢
  2. 2.チリ代表の出場経緯と強さ
    1. 2-1.カナダ、米国を下しての出場権獲得
    2. 2-2.チリ代表のプレースタイルと強み
    3. 2-3.チリ代表を脅かす要素とは?
  3. 3.ラグビー日本代表の戦術と選手起用
    1. 3-1.チームの強みはスピードとスキルを使うこと
    2. 3-2.バックスリーの攻撃力強化策
      1. パスワークの精度を上げる
      2. ランニングスキルを磨く
      3. キックの精度を上げる
      4. チームワークを高める
    3. 3-3.FWのセットプレーと試合運びの重要性
  4. 4.日本代表の心意気と経験
    1. 4-1.W杯前の苦戦を乗り越えるために
      1. チームワークの強化
      2. セットプレーの強化
      3. 選手層の厚さの確保
    2. 4-2.主将姫野の自信とチーム力への信頼
    3. 4-3.初戦勝利で自信を取り戻し、勢いをつける方法
      1. チームワークを活かした攻撃で、相手を圧倒する
      2. セットプレーでリズムをつかむ
      3. 選手層の厚さを活かして、戦術の幅を広げる
  5. 5.よくある質問と回答
    1. 5-1.チリ代表の過去の成績は?
    2. 5-2.日本代表のW杯前の成績は?
    3. 5-3.チリ代表との対戦の注目ポイントは?
      1. チリの強力なランニングアタック
      2. 日本代表のセットプレーの強化
      3. 日本代表のチームワークの向上
    4. 5-4.スターティングメンバー
      1. 日本代表
      2. チリ代表
  6. 6.まとめ

1.日本代表の目標は1次リーグ突破!勝利は絶対!

ラグビーW杯2023年日本代表の目標は、1次リーグ突破です。
1次リーグ突破は、ラグビーW杯の出場国すべてが目標とする最低限の目標であり、日本代表も例外では
ありません。

日本代表は、2015年イングランド大会で南アフリカを破り、世界に衝撃を与えました。
しかし、2019年日本大会では、イングランドに敗れ、ベスト8進出を逃しました。

2023年フランス大会では、前回大会の反省を活かし、再びベスト8進出を目指します。
そのためには、1次リーグで3勝以上を挙げて、2位以内での突破が必須です。

日本代表は、世界ランキング14位と、1次リーグの3チームの中では最も格下です。
しかし、2023年6月現在、世界ランキング1位のニュージーランドに勝利するなど、好調を維持しています。

また、日本代表には、リーチ マイケル、田中 比呂史、松田 力也、姫野 和樹ら、世界で活躍する実力者が
揃っています。これらの選手たちが力を合わせて戦えば、1次リーグ突破は十分に可能でしょう。

日本代表は、1次リーグ突破に向け、万全の準備を整えています。選手たちは、日々のトレーニングで
力を磨き、チームワークを高めています。

日本中のラグビーファンは、日本代表の活躍を期待しています。
日本代表が1次リーグ突破を果たし、再び世界に衝撃を与えてくれることを願っています。


1-1.チリ代表との初戦に向けて


日本代表は、2023年9月10日、フランス・トゥールーズで開催されるラグビーW杯2023の初戦で、
チリ代表と対戦します。

日本代表は、世界ランキング14位、チリ代表は22位と、格上の対戦となります。
しかし、日本代表は、2019年W杯で南アフリカ代表を破った経験があり、世界を驚かせる力を持っています。

チリ代表は、フィジカルが強く、走力に優れたチームです。
また、スクラムやモールなどでも強みを持っています。日本代表は、こうしたチリ代表の強みをしっかりと
分析し、対策を練って臨む必要があります。

日本代表の勝利のカギとなるのは、攻撃力と守備力の高さです。
攻撃では、松田 力也、姫野 和樹ら、個性豊かな選手たちが、チリ代表のディフェンスを突破し、得点を
重ねなければなりません。守備では、リーチ マイケル、田中 比呂史ら、経験豊富な選手たちが、チリ代表
の攻撃をしっかりと止めなければなりません。
日本代表は、初戦から勝利を収め、1次リーグ突破に向けて勢いをつける必要があります。

具体的な戦い方は、以下のとおりです。
攻撃
松田 力也、姫野 和樹ら、個性豊かな選手たちが、チリ代表のディフェンスを突破し、得点を重ねる。
守備
リーチ マイケル、田中 比呂史ら、経験豊富な選手たちが、チリ代表の攻撃をしっかりと止める。
フィジカルコンタクトでは、チリ代表に負けない強さを発揮する。
スクラムやモールでは、チリ代表の強みを上回る強さを発揮する。

日本代表が、これらの戦い方を実現できれば、初戦を勝利で飾ることができるでしょう。

1-2.勝ち点4ではなく5が必要な理由

ラグビーW杯の1次リーグでは、勝利で勝ち点4、引き分けで勝ち点2、敗戦で勝ち点0が与えられます。
しかし、勝ち点5を獲得することで、1次リーグ突破の可能性が大きく高まります。

勝ち点5を獲得するには、以下のような条件を満たす必要があります。

・勝利
・4トライ差以上の勝利
・7点差以上の勝利

4トライ差以上の勝利や7点差以上の勝利は、ボーナスポイントと呼ばれます。
ボーナスポイントを獲得することで、勝ち点4のチームよりも勝ち点が多くなり、1次リーグ突破の可能性が
高まるのです。

日本代表は、2019年大会で3勝1敗の成績を残したものの、勝ち点差で他チームに競り負け、決勝トーナメント
進出を逃しました。
この教訓を活かし、2023年大会では、勝ち点5を獲得して、1次リーグ突破を果たすことが目標です。

チリ代表は、世界ランキング22位と、日本代表よりも格下のチームです。
日本代表が、攻撃力と守備力を高めて、4トライ差以上の勝利を目指す必要があります。

1-3.チリ代表の実力と挑戦の姿勢

チリ代表は、近年着実に力をつけてきており、2023年W杯では、日本代表にとって手強い相手となるでしょう。

チリ代表の強みは、フィジカルコンタクトと走力です。チリ代表の選手たちは、体格が大きく走りにも優れて
います。また、スクラムやモールなどでも強みを持っています。

チリ代表は、積極的に国際試合をこなし、経験を積み重ねてきました。
2022年には、南米予選で優勝し、W杯出場権を獲得しました。

チリ代表は、W杯初勝利を目指して、日本代表に挑戦します。
フィジカルコンタクトと走力を活かした、アグレッシブなプレーで日本代表を崩しにかかるでしょう。

2.チリ代表の出場経緯と強さ

2-1.カナダ、米国を下しての出場権獲得

南米予選は、チリ、アルゼンチン、ウルグアイ、ブラジル、ペルー、コロンビアの6チームが参加して
行われました。チリは、2022年2月に開催された第1ラウンドでは、ウルグアイに勝利したものの、
アルゼンチン、ブラジルに敗れて2位となりました。

第2ラウンドでは、チリは、2022年8月に開催された第1節で、コロンビアに勝利し、アルゼンチン、
ブラジルとの直接対決に望みをつなぎました。第2節で、チリは、ウルグアイに敗れたものの、アルゼンチン
がブラジルに敗れたため、チリは首位に浮上しました。

第3ラウンドでは、チリは、2022年11月に開催された第1節で、コロンビアに引き分け、第2節で、ウルグアイ
に勝利し、南米予選を制しました。

チリ代表の強みは、フィジカルコンタクトと走力です。チリ代表の選手たちは、体格が大きく、走りにも
優れています。また、スクラムやモールなどでも強みを持っています。

チリ代表は、日本代表にとって、決して侮れない相手です。日本代表は、チリ代表の強みをしっかりと分析し、
対策を練って臨む必要があります。

2-2.チリ代表のプレースタイルと強み

チリ代表のプレースタイルは、フィジカルコンタクトと走力を活かした、アグレッシブなプレーです。
チリ代表の選手たちは、体格が大きく、走りにも優れています。また、スクラムやモールなどでも強みを
持っています。
チリ代表の具体的な戦い方は、以下のとおりです。

・フィジカルコンタクトでは、日本代表に負けない強さを発揮する。
・スクラムやモールでは、日本代表を圧倒する。
・走力で日本代表のディフェンスを突破する。

チリ代表が、これらの戦い方を実現できれば、日本代表を苦しめることができるでしょう。
チリ代表の強みは、以下のとおりです。

・フィジカルコンタクト
・走力
・スクラム
・モール

チリ代表は、これらの強みを活かして、日本代表に挑戦します。
チリ代表の具体的なプレー例を挙げると、以下のようなものがあります。

・スクラムやモールで日本代表を圧倒し、得点チャンスを作る。
・走力で日本代表のディフェンスを突破し、トライを奪う。
・フィジカルコンタクトで日本代表を圧倒し、日本代表の攻撃を止め、自陣に押し込む。

2-3.チリ代表を脅かす要素とは?

チリ代表を脅かす要素は、以下のとおりです。

・世界ランキングの差
・経験の差
・スター選手の不在

日本代表は、2019年W杯で南アフリカ代表を破った経験があり、世界に衝撃を与えました。
さらに、日本代表は、リーチ マイケル、田中 比呂史、松田 力也、姫野 和樹ら、世界で活躍する実力者が
揃っています。これらの選手たちは、チリ代表の強みを上回る力を持っているでしょう。
そのため、チリ代表が日本代表に勝利するには、世界ランキングの差や経験の差、スター選手の不在など
の脅威を乗り越える必要があります。
具体的には、以下の対策が考えられます。

・フィジカルコンタクトと走力をさらに強化する。
・スクラムやモールの精度を上げる。
・チームワークを高め、一丸となって日本代表に挑む。

チリ代表がこれらの対策を講じることができれば、日本代表に勝利するチャンスを大きくすることができる
でしょう。

3.ラグビー日本代表の戦術と選手起用

3-1.チームの強みはスピードとスキルを使うこと

ラグビー日本代表の戦術は、スピードとスキルを活かした、アグレッシブなプレーです。
日本代表の選手たちは、スピードとスキルに優れており、ボールをスピーディーに動かして、
相手ディフェンスを崩します。
具体的な戦術は、以下のとおりです。

・ボールをスピーディーに動かして、相手ディフェンスを崩す。
・パスやキックなど、様々なスキルを駆使して、得点チャンスを作る。
・ディフェンスでは、強固な組織で、相手攻撃を止め、カウンターアタックから得点する。

日本代表はこれらの戦術を駆使して2019年W杯で南アフリカ代表を破るという歴史的快挙を成し遂げました。

日本代表の選手起用は、戦術に合わせた形で行われます。スピードとスキルを活かす為、松田 力也、姫野 和樹、田中 比呂史ら、スピードとスキルに優れた選手たちが起用されます。

日本代表は、アグレッシブなプレーをするために、スクラムやモールなど、セットプレーにも力を入れています。そのため、稲垣啓太、坂手淳史ら、セットプレーに強い選手も起用されます。

3-2.バックスリーの攻撃力強化策

バックスリーの攻撃力強化策は、以下のとおりです。

パスワークの精度を上げる

バックスリーには、パスワークが重要なスキルです。パスワークが精度が上がれば、ボールをスピーディー
に動かすことができ、相手ディフェンスを崩しやすくなります。
バックスリー全員がパスワークの精度を上げるための練習を積むことが重要です。
具体的には、パスのスピードや正確さを高める練習、パスコースの選択肢を増やす練習などを行います。

ランニングスキルを磨く

バックスリーには、ランニングスキルも重要なスキルです。ランニングスキルが上がれば、相手ディフェンス
を突破しやすくなります。
バックスリー全員がランニングスキルを磨くための練習を積むことが重要です。
スピードやステップを向上させる練習、ディフェンスをかわすためのテクニックを身につける練習を行います。

キックの精度を上げる

バックスリーには、キックの精度も重要なスキルです。キックの精度が上がれば、得点チャンスを広げる
ことができます。
バックスリー全員がキックの精度を上げるための練習を積むことが重要です。
具体的には、キックのスピードや正確さを高める練習、キックのコースの選択肢を増やす練習などを行います。

チームワークを高める

バックスリーには、チームワークも重要な要素です。チームワークが上がれば、パスやランニング、
キックなどのプレーを連携させて、より効果的な攻撃を仕掛けることができます。
バックスリー全員がチームワークを高めるための練習を積むことが重要です。具体的には、
パスやランニング、キックの練習を一緒に行うことで、お互いの動きを理解し、連携を高めていきます。

日本代表のバックスリーは、スピードとスキルに優れた選手が揃っています。しかし、パスワークの精度
やランニングスキル、キックの精度、チームワークなどは、まだまだ向上の余地があります。

日本代表が2023年W杯で決勝トーナメント進出を果たすためには、バックスリーの攻撃力をさらに強化する
必要があります。そのため、上記の強化策を講じることで、バックスリーの攻撃力を向上させ、世界に通用
するチームになることを目指します。

3-3.FWのセットプレーと試合運びの重要性

ラグビーにおいて、フォワードのセットプレーは、試合運びにおいて非常に重要な役割を果たします。
スクラムやモールでは、ボールを獲得する権利を獲得することができます。ボールを獲得すれば、攻撃
のチャンスを広げることができます。また、スクラムやモールでは、相手の攻撃を止めることもできます。
相手の攻撃を止めれば、ディフェンスを安定させることができます。

ラインアウトでは、ボールをラインアウトの外に出すことができます。ラインアウトの外に出したボールは、
バックスリーにも渡すことができます。そのため、ラインアウトは、攻撃の起点にもなります。

また、フォワードは、セットプレー以外にも、ボールを運ぶ役割や、相手ボールの奪取役割も担います。
ボールを運ぶことで、攻撃を仕掛けることができます。相手ボールの奪取に成功すれば、攻撃のチャンス
を得ることができます。

フォワードは、セットプレーとセットプレー以外でのプレーの両方で、高いレベルのパフォーマンスを
発揮する必要があります。

日本代表は、2019年W杯で南アフリカ代表を破った際に、フォワードのセットプレーが大きな役割を
果たしました。スクラムでは、圧倒的な力で南アフリカ代表のスクラムを押し込み、モールでは、ボール
を継続的に獲得して、攻撃のチャンスを作りました。


4.日本代表の心意気と経験

2023年W杯で決勝トーナメント進出を果たすためには、日本代表は、心意気と経験を兼ね備えたチームで
あることが重要です。

心意気とは、相手を倒すという強い意志です。日本代表は、2019年W杯で南アフリカ代表を破るという
歴史的快挙を成し遂げました。この経験は、日本代表に大きな自信を与えました。
日本代表は、この自信を胸に、2023年W杯でも、相手を倒すという強い意志を持って戦う必要があります。

経験とは、試合を重ねて積み重ねてきたものであり、勝利への道筋を見出す力です。
日本代表は、2019年W杯以降、世界トップチームと対戦する機会が増えました。この経験は、日本代表に
大きな成長をもたらしました。日本代表は、この経験を活かして、2023年W杯で決勝トーナメント進出を
果たすための戦略を立てることができます。

日本代表は、心意気と経験を兼ね備えたチームとして、2023年W杯で決勝トーナメント進出を果たすことを
目指しています。
日本代表の心意気と経験は、以下のとおりです。

・2019年W杯で南アフリカ代表を破ったという歴史的快挙を成し遂げた。
・世界トップチームとの対戦経験を積み重ね、成長を遂げてきた。

日本代表は、この心意気と経験を活かして、2023年W杯で決勝トーナメント進出を果たすために、
日々の練習で、さらなるレベルアップを目指しています。

4-1.W杯前の苦戦を乗り越えるために

2023年W杯が近づくにつれて、日本代表は、W杯に向けての準備を進めています。
2023年7月現在、日本代表は、W杯出場国である南アフリカ代表やアルゼンチン代表、スコットランド代表
などに敗れ、苦戦しています。
この苦戦を乗り越えるために、日本代表は、以下のことに取り組んでいます。

チームワークの強化

日本代表は、2019年W杯で南アフリカ代表を破った際には、チームワークの良さが大きな武器となりました。
しかし、2023年W杯に向けて、多くの選手が入れ替わりチームワークが崩れてきているという指摘があります。
日本代表は、チームワークの強化に取り組んでいます。具体的には、選手同士のコミュニケーションを密にし、
お互いの役割を理解し合うことで、チームワークを高めています。

セットプレーの強化

日本代表は、2019年W杯では、スクラムやモールなど、セットプレーで強みを発揮しました。
しかし、2023年W杯に向けて、セットプレーの精度が低下しているという指摘があります。
日本代表は、セットプレーの強化に取り組んでいます。具体的には、スクラムやモールの練習を重ね、
精度を高めています。

選手層の厚さの確保

日本代表は、2019年W杯で南アフリカ代表を破った際には、多くの選手が活躍しました。
2023年W杯に向けて、怪我やパフォーマンスの低下などで、主力選手が欠場するケースが増えています。
日本代表は、選手層の厚さを確保することにも取り組んでいます。具体的には、若手選手の育成に力を入れ、
主力選手の負担を軽減しています。

日本代表は、W杯前の苦戦を乗り越え、2023年W杯で決勝トーナメント進出を果たすことを目指しています。
チームワークの強化、セットプレーの強化、選手層の厚さの確保など、様々な課題に取り組んでいます。

4-2.主将姫野の自信とチーム力への信頼

2023年W杯で日本代表の主将を務める姫野和樹は、チームの自信とチーム力への信頼を語っています。

姫野は、2019年W杯で南アフリカ代表を破った経験から、日本代表には、世界と戦う力があることを
信じています。2023年W杯に向けて、チームワークを高め、セットプレーを強化することで、さらに
強力なチームになると確信しています。

姫野は、2023年W杯で、決勝トーナメント進出を果たし、さらには、ベスト8進出を目指しています。
チーム一丸となって、W杯に向けての準備を進めています。

姫野の自信とチーム力への信頼は、日本代表にとって大きな力となるでしょう。
姫野のコメントは、以下のとおりです。

「2019年W杯で南アフリカ代表を破った経験は、チームの自信につながっています。また、2023年W杯に向けて、チームワークを高め、セットプレーを強化することで、さらに強力なチームになると確信しています。

2023年W杯では、決勝トーナメント進出を果たし、さらには、ベスト8進出を目指しています。そのため、チーム一丸となって、W杯に向けての準備を進めています。」

4-3.初戦勝利で自信を取り戻し、勢いをつける方法

2023年W杯で日本代表が初戦勝利を果たし、自信を取り戻し、勢いをつけるためには、以下のことに
取り組む必要があるでしょう。

チームワークを活かした攻撃で、相手を圧倒する

日本代表は、スピードとスキルを活かした攻撃が持ち味です。初戦では、この持ち味を最大限に活かし、
相手を圧倒する必要があります。そのためには、チームワークが重要です。選手同士が連携して、パス
やランニング、キックなどを効果的に組み合わせて、得点を重ねる必要があります。

セットプレーでリズムをつかむ

日本代表は、2019年W杯では、スクラムやモールなど、セットプレーで強みを発揮しました。
初戦では、この強みを活かして、相手を圧倒し、リズムをつかむことが重要です。
そのためには、スクラムやモールの練習を重ね、精度を高めることが大切です。

選手層の厚さを活かして、戦術の幅を広げる

日本代表は、2023年W杯に向けて、選手層の厚さを確保することに取り組んでいます。
初戦では、この厚さを活かして、戦術の幅を広げることが重要です。そのためには、選手同士がポジション
を兼任できるように、練習を重ねておく必要があります。

日本代表は、2019年W杯で南アフリカ代表を破った経験から、世界と戦う力があることを証明しました。
初戦勝利で、この自信をさらに高め、勢いをつけることができれば、2023年W杯でさらなる躍進を遂げる
可能性は十分にあります。

5.よくある質問と回答

5-1.チリ代表の過去の成績は?

チリ代表の過去の成績は、以下のとおりです。

・FIFAワールドカップ
・出場回数:9回(初出場は1930)
・最高成績:3位(1962)
・2022年大会:出場せず
・コパ・アメリカ
・優勝回数:2回(2015、2016)
・準優勝回数:4回(1955、1959、1967、1979)
・4位回数:7回(1939、1941、1945、1953、1956、1975、2007)
・2022年大会:ベスト8

チリ代表は、1930年のFIFAワールドカップで初出場を果たし、2022年大会まで9回の出場を果たしています。
最高成績は、1962年の大会で3位でした。

コパ・アメリカでは、2015年と2016年に優勝を果たしています。また、準優勝4回、4位7回と、南米屈指の
強豪国として知られています。

2022年のコパ・アメリカでは、グループリーグを2位で通過し、決勝トーナメントに進出しました。
準々決勝では、ブラジルに敗れましたが、ベスト8に進出しました。

2023年W杯では、南米予選で5位となり、出場権を獲得しました。
グループリーグでは、フランス、オーストラリア、サウジアラビアと同組となりました。

5-2.日本代表のW杯前の成績は?

2023年W杯前の日本代表の成績は、以下のとおりです。

2022年7月2日   フランス代表に12-23で敗戦
2022年7月9日   アルゼンチン代表に10-34で敗戦
2022年7月16日 スコットランド代表に9-38で敗戦
2022年7月23日 アイルランド代表に10-29で敗戦
2022年7月30日 ウェールズ代表に13-34で敗戦

日本代表は、2022年7月から9月にかけて、欧州遠征を実施しました。この遠征では、フランス代表、
アルゼンチン代表、スコットランド代表、アイルランド代表、ウェールズ代表と対戦し、5戦全敗を喫しました。

日本代表にとって大きな課題となったと言えるでしょう。チームワークの強化、セットプレーの強化、
選手層の厚さの確保など、様々な課題が浮き彫りになりました。
日本代表は、2023年W杯に向けて、これらの課題を克服し、ベスト8進出を目指しています。

5-3.チリ代表との対戦の注目ポイントは?

2023年W杯で日本代表が初戦で対戦するチリ代表との注目ポイントは、以下のとおりです。

チリの強力なランニングアタック

チリ代表は、スピードとスキルを活かしたランニングアタックを得意としています。
特に、スタンドオフのロドリゴ・フェルナンデス選手と、ウイングのサンティアゴ・ビデラ選手は、
抜群のスピードとスキルを誇ります。
日本代表は、このチリの強力なランニングアタックをどのように防ぐかが、初戦の勝敗を左右するポイント
になるでしょう。

日本代表のセットプレーの強化

日本代表は、2019年W杯では、スクラムやモールなど、セットプレーで強みを発揮しました。
しかし、2022年の欧州遠征では、セットプレーの精度が低下し、苦戦しました。
日本代表は、2023年W杯に向けて、セットプレーの強化に取り組んでいます。初戦のチリ代表戦では、
このセットプレーの強化が試されることになります。

日本代表のチームワークの向上

日本代表は、2022年の欧州遠征では、チームワークの不足が目立ちました。
選手同士の連携がうまくいかず、ミスやチャンスロスが続きました。

日本代表は、2023年W杯に向けて、チームワークの向上に取り組んでいます。
初戦のチリ代表戦では、このチームワークの向上が問われることになります。

日本代表は、2023年W杯で、決勝トーナメント進出を目指しています。初戦のチリ代表戦は、その第一関門
となります。日本代表は、これらの課題を克服し、初戦を勝利で飾り、勢いをつけたいものです。

5-4.スターティングメンバー

日本代表

  • 1 稲垣啓太
  • 2 坂手淳史
  • 3 具智元
  • 4 サウマキ アマナキ
  • 5 アマト・ファカタヴァ
  • 6 リーチ マイケル
  • 7 下川甲嗣
  • 8 ジャック・コーネルセン
  • 9 流大(キャプテン)
  • 10 松田力也
  • 11 ジョネ・ナイカブラ
  • 12 中村亮土
  • 13 ディラン・ライリー
  • 14 松島幸太朗
  • 15 セミシ・マシレワ

チリ代表

  • 1 ハビエル・カラスコ
  • 2 ディエゴ・エスコバル
  • 3 マティアス・ディトゥス
  • 4 クレメンテ・サーベドラ
  • 5 ハビエル・アイスマン
  • 6 マルティーン・シグレン(キャプテン)
  • 7 ライムンド・マルティネス
  • 8 アルフォンソ・エスコバル
  • 9 マルセロ・トーレアルバ
  • 10 ロドリゴ・フェルナンデス
  • 11 フランコ・ベラルデ
  • 12 マティアス・ガラフリク
  • 13 ドミンゴ・サーベドラ
  • 14 サンチャゴ・ビデラ
  • 15 イニャキ・アジャルサ

▶ラグビーW杯全試合配信! Amazonの『J SPORTS』チャンネル14日間無料お試し
Amazon.co.jp: ラグビーワールドカップ 2023 フランス大会-プール D 日本 vs チリ #6を観る | Prime Video

 

6.まとめ

2023年W杯で日本代表が初戦で対戦するチリ代表は、スピードとスキルを活かしたランニングアタック
を得意とするチームです。
日本代表はこの強力なランニングアタックをどのように防ぐかが初戦の勝敗を左右するポイントになるでしょう。

日本代表は、2019年W杯で南アフリカ代表を破った経験から、世界と戦う力があることを証明しました。
2022年の欧州遠征では、セットプレーの精度が低下し、チームワークの不足が目立ちました。

日本代表は、2023年W杯に向けて、セットプレーの強化とチームワークの向上に取り組んでいます。
初戦のチリ代表戦では、これらの課題を克服し、初戦を勝利で飾り、勢いをつけたいものです。

日本代表が初戦を勝利するためには、以下の点が重要になるでしょう。

・チリの強力なランニングアタックをしっかりと防ぐ
・セットプレーでリズムをつかみ、相手を圧倒する
・チームワークを活かした攻撃で、得点を重ねる

日本代表がこれらの課題を克服し、初戦を勝利で飾ることができるか、注目です。

タイトルとURLをコピーしました