『本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。』

パリピ孔明 のドラマ主題歌や挿入歌とは?OP・ED曲も一挙ご紹介

TV・CM

パリピ孔明 のドラマ主題歌や挿入歌とは?OP・ED曲も一挙ご紹介
について詳しく知りたい!

パリピ孔明 のドラマ主題歌や挿入歌とは?OP・ED曲も一挙ご紹介
について解説致します。

ドラマ『パリピ孔明』の音楽について知りたい方は、この記事を読んでください。
この記事では、ドラマの主題歌や挿入歌がどのように選ばれるのか、ドラマ音楽の重要性とは
何なのか、挿入歌の種類と効果とは何なのかについて説明します。
この記事を読むと、ドラマ『パリピ孔明』の音楽に対する理解が深まり、ドラマをもっと楽し
むことができるでしょう。

以下、この記事ではドラマ『パリピ孔明』の音楽について詳しい内容をご紹介します。

1.パリピ孔明のドラマ主題歌は?

 

ドラマ『パリピ孔明』の主題歌は、まだ発表されていません。

2.パリピ孔明のドラマ挿入歌とED曲は?

2-1.パリピ孔明のドラマ挿入歌とED曲は?

挿入歌は、主人公・月見英子(上白石萌歌)が歌うさまざまな楽曲です。
特に注目されているのは、幾田りらさんが書き下ろした英子のメイン曲「DREAMER」です。
この曲は、英子の成長と夢への想いを表現した感動的な曲です。
ドラマ『パリピ孔明』は、音楽愛にあふれた作品で、すばらしい楽曲の数々をお楽しみにしてください。

2-2.幾田りらが書き下ろした英子のメイン曲「DREAMER」とは?

「DREAMER」とは、幾田りらさんが水10ドラマ『パリピ孔明』のために書き下ろした楽曲です。
この曲は、上白石萌歌さんが演じる作品のヒロイン・月見英子のメイン曲として使用されています。
英子は、歌手を目指す一人の少女で、中国三国時代の名軍師・諸葛孔明(向井理さん)が現代の渋谷に転生
して彼女の成功を助けるという物語です。

「DREAMER」は、夢を追う旅路で訪れる苦悩や葛藤と向き合いながら、それでも希望を抱き、自分自身を
信じ抜く強さを歌っています。幾田りらさんは、英子と自分の人生が重なる部分があると感じて、リアル感
を込めて作詞・作曲をしたそうです。また、上白石萌歌さんは、幾田りらさんの歌声が大好きで、自分の
作った楽曲を萌歌ちゃんの声で聴けることに感動したと語っています。

「DREAMER」は、英子を演じる上での始まりの曲であり、ゴールのような曲でもあるそうです。
スペシャル音楽映像では、英子がさまざまなステージで歌唱する姿が見られます8。ぜひチェックして
みてくださいね。


2-3.パリピ孔明のドラマED曲は?

ドラマ『パリピ孔明』のエンディングテーマの主題歌は、まだ発表されていません。

3.ドラマ『パリピ孔明』のあらすじ

西暦234年、魏と蜀が争っていた五丈原の戦いで病に倒れた諸葛孔明は、死の間際に「次の生があるならば、
戦のない平和な時代に生まれたい」と願いました。その願いが叶ってしまったのか孔明は若返った姿で
約1800年後の日本・渋谷に転生します。しかも、ハロウィーンの真っ最中で、仮装した若者たちに囲まれて
混乱します。

孔明は渋谷のクラブ「BBラウンジ」で働く月見英子と出会います。英子は歌手を目指していますが、
オーディションに落ち続けて自信を失っていました。孔明は英子の歌声に感動し、彼女の夢を叶えるために
自らを軍師(マネージャー)と名乗ります。

孔明は自分の知略と現代の情報技術を駆使して、英子をスーパースターにするために奮闘します。
その過程で孔明は三国時代とは違う現代社会のルールや文化に戸惑ったり、英子や仲間たちと衝突したり
することもあります。果たして、孔明は英子を成功へと導くことができるのでしょうか?

 

4.ドラマ『パリピ孔明』のキャスト

諸葛孔明役              :向井理さん
月見英子役              :上白石萌歌さん
小林オーナー役            :森山未來さん
KABE太人役              :宮世琉弥さん
ミア西表役                    :菅原小春さん
久遠七海役                    :八木莉可子さん
前園ケイジ役                :関口メンディーさん
劉備役                            :ディーン・フジオカさん
マリア・ディーゼル役:女王蜂・アヴちゃんさん2
RYO役                            :森崎ウィンさん
赤兎馬カンフー役        :ELLYさん
ドラマ『パリピ孔明』は、三国時代の天才軍師・諸葛孔明が現代の渋谷に転生し、歌手を目指す少女・
月見英子のマネージャーとなって彼女をスターダムへと導くというコメディーです。
原作は四葉夕トさんの人気漫画で、2023年9月27日からフジテレビで放送されます。

5.向井理のプロフィール

向井理さんは、日本の俳優で、ドラマや映画などで活躍しています。神奈川県横浜市出身で、身長は182cm。
元々は獣医師を目指していましたが、バーテンダーとして働いていたときにスカウトされて芸能界入り。
2006年に「ミニッツメイド」のCMでデビュー。
その後「のだめカンタービレ」「ゲゲゲの女房」「江〜姫たちの戦国〜」「信長協奏曲」などの人気作品に
出演。
2023年、舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」で主演を務めたほか、ドラマ「パリピ孔明」や
「エンジェルフライト 国際霊柩送還士」などにも出演。
向井理さんは、カンボジアとの関わりが深く、日本・カンボジア親善大使も務めています。
2014年には女優の国仲涼子さんと結婚し、現在は2児の父親でもあります。
向井理さんは、クールでイケメンなイメージがありますが、実はお酒や料理やキャンプが好きな一面も持って
います。演技力も高く、様々な役柄に挑戦しています。

ドラマ

『のだめカンタービレ』(2006年):向井理さんは、音大生の千秋真一役を演じました。
この作品は、人気漫画の実写化で、ピアニストを目指すのだめと千秋の恋愛と成長を描いたコメディーです。
『ゲゲゲの女房』(2010年)向井理さんは、漫画家・水木しげるの妻・武良布枝の夫・村井茂役を演じました。
この作品は、水木しげるの自伝的エッセイをもとにしたNHKの連続テレビ小説で、水木夫妻の波乱万丈な人生
を描いたドラマです。

『信長協奏曲』(2014年):向井理さんは、現代の高校生・サブローがタイムスリップして織田信長になると
いう設定で、織田信長役を演じました。
この作品は、人気漫画の実写化で、歴史とコメディーが融合した作品です。

『10の秘密』(2020年):向井理さんは、建築家・鮎川一彦役を演じました。この作品は、鮎川一家が巻き込
まれる連続殺人事件をめぐるサスペンスドラマで、10話で10個の秘密が明かされていきます。

映画

『BECK』(2010年):向井理さんは、ロックバンド・BECKのボーカル・ミノル役を演じました。
この作品は、人気漫画の実写化で、音楽に情熱を持つ若者たちの青春物語です。

『RANMARU 神の舌を持つ男』(2016年):向井理さんは、味覚障害に苦しむ元刑事・神谷蘭丸役を演じま
した。この作品は、神谷が事件解決に挑むミステリー映画で、向井理さん自身が企画したオリジナル作品です。

『ザ・ファブル』(2019年):向井理さんは、殺し屋・ファブルの相棒・砂川役を演じました。
この作品は、人気漫画の実写化で、休暇中に普通のサラリーマンになりすますファブルと砂川の活躍を描いた
アクションコメディーです。

『ウェディング・ハイ』(2022年):向井理さんは、結婚式場で働く澤田紀昭役を演じました。この作式は、
澤田が結婚式場で起こるさまざまなトラブルや感動に関わっていくハートフルコメディーです。

以上が向井理さんの出演作品の一部です。向井理さんは、クールでイケメンなイメージがありますが、実は
お酒や料理やキャンプが好きな一面も持っています。また、演技力も高く、様々な役柄に挑戦しています。
向井理さんの詳しいプロフィールや作品情報はこちらやこちらをご覧ください。

6.上白石萌歌のプロフィール

日本の女優、ファッションモデル、歌手、タレントです。
歌手活動時のアーティスト名はadieu(アデュー)です。2000年2月28日生まれで、鹿児島県出身です。
2011年に第7回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞し、芸能界入りしました。
姉は女優・歌手の上白石萌音さんです。ドラマや映画、ミュージカルなどで活躍しており、2023年にはドラマ
『パリピ孔明』で主演を務めています。また、adieuとしても音楽活動を行っており、スピッツの「美しい鰭」
のミュージックビデオにも出演しています。上白石萌歌さんの詳しいプロフィールや作品情報はこちらやこちら
をご覧ください。

ドラマ

『パリピ孔明』(2023年):上白石萌歌さんは、歌手を目指す少女・月見英子役を演じます。この作品は、
「ヤングマガジン」で連載中の同名漫画を向井理さん主演で実写化したコメディーで、三国時代の天才軍師
・諸葛孔明が現代の渋谷に転生し英子のマネージャーとなって彼女をスターダムへと導くというストーリーです。

『ソロモンの偽証』(2021年):上白石萌歌さんは、主人公・藤野涼子役を演じます。この作品は、宮部みゆき
さんのヒューマンミステリーをWOWOWでドラマ化したもので、学校内で発生した同級生の転落死の謎を明らかにするため、涼子ら生徒たちが学校内裁判に臨む姿を描きます。

『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(2019年):上白石萌歌さんは、日本人が初めてオリンピックに挑戦した1912年ストックホルム大会に出場したマラソン選手・前畑秀子役を演じます。この作品は、NHK大河ドラマで
放送されたもので、日本人とオリンピックの歴史を描きます 。

映画

『子供はわかってあげない』(2021年):上白石萌歌さんは、主人公・小林あきら役を演じます。
この作品は、「週刊少年ジャンプ」で連載された同名漫画を実写化したもので、高校生になったあきらが家族や
友人との関係や恋愛に悩みながら成長していく姿を描きます 。

『劇場版ポケットモンスター ココ』(2020年):上白石萌歌さんは、主人公・ココの声を担当します。
この作品は、「ポケットモンスター」シリーズの劇場版第23作で、ポケモンと人間の絆をテーマにした冒険
ファンタジーです 。

『羊と鋼の森』(2018年):上白石萌歌さんは、主人公・一ノ瀬カイの幼なじみ・天野しおり役を演じます。
この作品は、「月刊少年マガジン」で連載された同名漫画を実写化したもので、ピアノ調律師を目指すカイの
成長と恋愛を描きます 。

以上が上白石萌歌さんの出演作品の一部です。上白石萌歌さんは、女優としてだけでなく、歌手としても才能
を発揮しています。上白石萌歌さんの詳しいプロフィールや作品情報はこちらやこちらをご覧ください。

 

タイトルとURLをコピーしました