サントリーHDも新たな契約、結ばないジャニーズ事務所と一体何が?

Entertainment

サントリーHDも新たな契約、結ばないジャニーズ事務所と一体何が?
について詳しく知りたい!

サントリーHDとジャニーズ事務所の契約終了、あなたはどう思いますか?

ジャニーズ事務所は、2023年9月、サントリーホールディングスとの広告契約を終了しました。
これは、ジャニーズ事務所の元社長による性加害問題への対応が、サントリーHDの企業理念に
反するとして、サントリーHDが契約を終了したことによるものです。

この契約終了は、企業の社会的責任に対する意識の高まりを示すものとして大きな注目を集めました。
また、ジャニーズ事務所のブランドイメージにも大きな影響を与えています。
この記事では、サントリーHDとジャニーズ事務所の契約終了について、その経緯や意味、今後の展望
などを、詳しくご紹介します。

  1. 1.サントリーHDとジャニーズ事務所の契約終了の背景とは?
      1. 1.被害者の救済策や再発防止策の不十分さ
      2. 2.企業の社会的責任
    1. 1-1.サントリーHDとジャニーズ事務所の関係について
    2. 1-2.サントリーHDが新たな契約を結ばない理由は何か?
      1. 被害者の救済策や再発防止策の不十分さ
      2. 企業の社会的責任
    3. 1-3.ジャニーズ事務所側はどのような反応を示しているのか?
  2. 2.サントリーHDとジャニーズ事務所の契約終了が業界に与える影響とは?
      1. 1.企業の社会的責任に対する意識の高まり
      2. 2,ジャニーズ事務所のブランドイメージの低下
    1. 2-1.サントリーHDと他の芸能事務所との関係に与える影響
      1. サントリーHDの社会的責任に対する意識の高まり
      2. 芸能事務所の性加害問題への対応強化
    2. 2-2.サントリーHDの広告戦略に影響を及ぼす可能性
      1. ジャニーズ事務所所属のタレントの起用を控える
      2. タレント起用にあたり、性加害問題への対応状況を重視する
    3. 2-3.ジャニーズ事務所の今後の展望について
      1. 性加害問題への対応
      2. 経営体制の改革
  3. 3.サントリーHDとジャニーズ事務所の契約終了に関するSNSの反応とは?
    1. 3-1.ネット上での賛否の声とは?
    2. 3-2.ファンの失望と今後の応援の意思表明
    3. 3-3.芸能界関係者のコメントと反応
  4. 4.サントリーHDも「新たな契約、結ばない」の真相に迫る!
    1. 4-1.契約終了の裏側にある事情とは?
      1. 被害者への誠実な対応が得られなかった
      2. ジャニーズ事務所のブランドイメージ低下
      3. 企業の社会的責任に対する意識の高まり
    2. 4-2.サントリーHDとジャニーズ事務所の交渉の経緯とは?
    3. 4-3.双方の立場から見る契約終了の意味とは?
  5. 5.よくある質問と回答
    1. 5-1.サントリーの代表的な商品とジャニーズ事務所との関係は?
    2. 5-2.サントリーHDとジャニーズ事務所以外にどのような芸能事務所と提携しているのか?
    3. 5-3.ジャニーズ事務所の他の企業との契約にも影響が出る可能性はあるか?
      1. 他の企業も、サントリーHDと同様に、ジャニーズ事務所との契約見直しや解約を検討する可能性がある。
      2. ジャニーズ事務所は、自社の対応にさらに慎重になる必要がある。
  6. 6.まとめ

1.サントリーHDとジャニーズ事務所の契約終了の背景とは?

サントリーホールディングスは、2023年9月11日、ジャニーズ事務所の創業者・ジャニー喜多川氏による
性加害問題を受け、同事務所と新たな契約を結ばない方針を明らかにしました。

契約終了の背景には、以下の2つの理由が考えられます。

1.被害者の救済策や再発防止策の不十分さ

サントリーHDは、ジャニーズ事務所に対し、被害者の救済策や再発防止策の不十分さを指摘しています。
具体的には、被害者への謝罪や賠償金の支払い、再発防止のためのガイドラインの策定などについて、
十分な説明や対応が得られていないとしています。

2.企業の社会的責任

サントリーHDは、企業として社会的責任を果たす必要があると考えています。
性加害問題は、被害者やその周囲の人に大きな苦痛を与える重大な問題です。サントリーHDは、ジャニーズ
事務所が被害者への救済策や再発防止策を十分に講じない限り、同事務所との関係を継続することはできない
と判断したと考えられます。

サントリーHDの決定は、企業が社会問題に積極的に取り組む姿勢を示すものとして、大きな注目を集めて
います。今後、ジャニーズ事務所がどのような対応をとるのか、注目されます。

1-1.サントリーHDとジャニーズ事務所の関係について

サントリーHDとジャニーズ事務所は、これまでに様々な形でパートナーシップを築いてきました。
2003年には、サントリーの缶コーヒー「BOSS」のCMに、ジャニーズの人気アイドルグループ「嵐」が起用
されました。
このCMは、大きな話題となり、サントリーHDの「BOSS」の売り上げにも大きく貢献しました。

その後も、サントリーHDとジャニーズ事務所は、様々な商品やサービスの広告やプロモーションにおいて、
コラボレーションを続けてきました。
サントリーHDは、ジャニーズ事務所所属のタレントやアイドルを起用することで、若年層へのアプローチを
強化してきました。また、ジャニーズ事務所は、サントリーHDの豊富なマーケティングノウハウや
商品開発力を活用することで、新たなビジネスチャンスを創出してきました。

サントリーHDとジャニーズ事務所は、日本のエンターテインメント業界を代表する企業であり、両社の
パートナーシップは、日本の社会に大きな影響を与えてきました。

今回の契約終了は、サントリーHDが企業として社会的責任を果たす姿勢を示すものとして、大きな注目を
集めています。今後、サントリーHDとジャニーズ事務所の関係がどのように変化していくのか注目されます。

1-2.サントリーHDが新たな契約を結ばない理由は何か?

サントリーHDが新たな契約を結ばない理由は、以下の2つです。

被害者の救済策や再発防止策の不十分さ

サントリーHDは、ジャニーズ事務所に対し、被害者の救済策や再発防止策の不十分さを指摘しています。
具体的には、被害者への謝罪や賠償金の支払い、再発防止のためのガイドラインの策定などについて、
十分な説明や対応が得られていないとしています。

企業の社会的責任

サントリーHDは、企業として社会的責任を果たす必要があると考えています。性加害問題は、被害者や
その周囲の人に大きな苦痛を与える重大な問題です。サントリーHDは、ジャニーズ事務所が被害者への
救済策や再発防止策を十分に講じない限り、同事務所との関係を継続することはできないと判断したと
考えられます。

サントリーHDの決定は、企業が社会問題に積極的に取り組む姿勢を示すものとして、大きな注目を集めて
います。今後、ジャニーズ事務所がどのような対応をとるのか、注目されます。
具体的には、サントリーHDは、ジャニーズ事務所に対し、以下の点を要求しています。

1-3.ジャニーズ事務所側はどのような反応を示しているのか?

ジャニーズ事務所は、サントリーHDの契約終了決定について、以下の声明を発表しました。

サントリー株式会社様から、2023年9月11日付で、弊社所属タレントの出演契約の更新について、
当社からの納得のいく説明と対応が得られていないとの理由で、新たな契約の締結を断念する旨の
申し入れがありました。
弊社は、今回の申し入れを真摯に受け止め、今後の対応について検討を
進めてまいります。
弊社は、タレントの育成と活躍、また、社会に貢献する活動に取り組んでまいりました。
今後も、タレントの人権を尊重し、安心して活動できる環境づくりに努めてまいります。

この声明では、ジャニーズ事務所は、サントリーHDの決定を「真摯に受け止め」ているとしていますが、
具体的な対応については「検討を進めてまいります」と述べるにとどまっています。

今後、ジャニーズ事務所は、サントリーHDの要求に応えるために、被害者への謝罪や賠償金の支払い、
再発防止のためのガイドラインの策定と実施、社員教育の徹底などを行うことになると考えられます。

しかし、ジャニーズ事務所は、これまでも、性加害問題への対応が遅れたという批判を受けてきました。
そのため、今後の対応がどのようになるのか、注目されます。

2.サントリーHDとジャニーズ事務所の契約終了が業界に与える影響とは?

サントリーHDとジャニーズ事務所の契約終了が業界に与える影響は、以下の2つが考えられます。

1.企業の社会的責任に対する意識の高まり

サントリーHDの決定は、企業が社会問題に積極的に取り組む姿勢を示すものとして、大きな注目を集めて
います。この決定により、企業の社会的責任に対する意識が高まり、今後、他の企業も性加害問題やその他
の社会問題への対応を強化していくことが期待されます。

2,ジャニーズ事務所のブランドイメージの低下

ジャニーズ事務所は、日本のエンターテインメント業界を代表する企業であり、長年にわたって多くの
ファンに支持されてきました。しかし、今回の契約終了により、ジャニーズ事務所のブランドイメージは
低下し、今後の経営に大きな影響を与える可能性があります。
具体的には、以下の影響が考えられます。

・他の企業との契約締結が難しくなる
・ファン離れが進む
・株価が下落する

ジャニーズ事務所は、今回の契約終了をきっかけに、性加害問題への対応を徹底し、ブランドイメージの
回復に努める必要があると考えられます。

2-1.サントリーHDと他の芸能事務所との関係に与える影響

サントリーHDと他の芸能事務所との関係に与える影響は、以下の2つが考えられます。

サントリーHDの社会的責任に対する意識の高まり

サントリーHDは、今回の契約終了により、企業として社会的責任を果たす姿勢を明確にしました。
このことは、サントリーHDが今後も、社会問題への取り組みを積極的に行うことを意味しています。
そのため、サントリーHDは、他の芸能事務所との契約締結においても、性加害問題への対応状況を重視する
ようになると考えられます。

芸能事務所の性加害問題への対応強化

サントリーHDの決定は、他の芸能事務所にも大きな影響を与えています。
他の芸能事務所も、性加害問題への対応を強化し、サントリーHDとの契約継続を図る必要に迫られている
と考えられます。

具体的には、以下の対応が考えられます。

・被害者への謝罪と賠償金の支払い
・再発防止のためのガイドラインの策定と実施
・社員教育の徹底

サントリーHDは、今後も、他の芸能事務所との契約締結において、性加害問題への対応状況をチェック
していくことが考えられます。

2-2.サントリーHDの広告戦略に影響を及ぼす可能性

サントリーHDの広告戦略に影響を及ぼす可能性は、以下の2つが考えられます。

ジャニーズ事務所所属のタレントの起用を控える

サントリーHDは、今回の契約終了により、ジャニーズ事務所所属のタレントの起用を控える可能性が高い
と考えられます。これは、ジャニーズ事務所のブランドイメージ低下を懸念し、消費者からの反感を招く
リスクを避けるためです。
具体的には、以下の影響が考えられます。

・BOSSのCMにジャニーズ事務所所属のタレントが起用されなくなる
・その他の商品やサービスの広告においても、ジャニーズ事務所所属のタレントの起用を控える

タレント起用にあたり、性加害問題への対応状況を重視する

サントリーHDは、今後も、タレント起用にあたり、性加害問題への対応状況を重視するようになると
考えられます。これは、企業として社会的責任を果たす姿勢を貫くためです。
具体的には、以下の対応が考えられます。

・タレントの性加害問題への対応状況を調査する
・対応状況が十分でない場合、タレント起用を見送る

サントリーHDは、今後、どのように広告戦略を変更していくのか、注目されます。

2-3.ジャニーズ事務所の今後の展望について

ジャニーズ事務所の今後の展望は、以下の2つの課題をどのように解決できるかにかかっています。

性加害問題への対応

サントリーHDの決定は、ジャニーズ事務所にとって、性加害問題への対応を徹底し、ブランドイメージの
回復に努めることが不可欠であることを示しています。
ジャニーズ事務所は、被害者への謝罪と賠償金の支払い、再発防止のためのガイドラインの策定と実施、
社員教育の徹底など、具体的な対応を早急に行う必要があります。

経営体制の改革

ジャニーズ事務所は、同族経営の弊害や、経営陣の不祥事など、経営体制の課題が指摘されてきました。
ジャニーズ事務所は、経営体制の改革を行い、ガバナンスの強化を図る必要があります。
ジャニーズ事務所がこれらの課題を解決できれば、日本のエンターテインメント業界に不可欠な存在として、
今後も成長を続けていくことができると考えられます。

しかし、これらの課題を解決できなければ、ジャニーズ事務所のブランドイメージは低下し続け、経営にも
大きな影響を与える可能性があります。
ジャニーズ事務所は、今回の契約終了を機に、経営体制の改革と性加害問題への対応を徹底し、
日本のエンターテインメント業界をリードする存在として、今後も成長を続けていくことができるのか、
注目されます。

3.サントリーHDとジャニーズ事務所の契約終了に関するSNSの反応とは?

3-1.ネット上での賛否の声とは?

サントリーHDとジャニーズ事務所の契約終了に関するネット上での賛否の声は、以下のとおりです。
賛成の声
・企業が社会的責任を果たす姿勢を評価する
・性加害問題への対応を徹底してほしい
・ジャニーズ事務所のブランドイメージ低下は当然の結果

反対の声
・企業が芸能事務所の内部事情に介入するのはおかしい
・ジャニーズ事務所の今後に影響を与えるのは残念
・サントリーHDが他の芸能事務所にも同じような要求をすべき

賛成の声では、企業が社会的責任を果たす姿勢を評価し、性加害問題への対応を徹底してほしいという声
が多く見られました。また、ジャニーズ事務所のブランドイメージ低下は当然の結果だという声もありました。

3-2.ファンの失望と今後の応援の意思表明

サントリーHDとジャニーズ事務所の契約終了は、多くのジャニーズファンに大きなショックを与えました。
多くのファンは、ジャニーズ事務所が性加害問題への対応を徹底し、被害者への謝罪と賠償金の支払いを
行うことを期待していました。しかし、サントリーHDの決定は、ジャニーズ事務所が被害者への誠実な対応
をしていないことを示唆するものでした。

そのため、多くのファンは、ジャニーズ事務所への失望と怒りを表明しています。
また、今後はジャニーズ事務所のタレントを応援するのをやめるという声も多く見られました。
しかし、一方では、ジャニーズ事務所のタレントの才能や努力を評価し、今後も応援し続けるという声も
ありました。
以下に、ファンの失望と今後の応援の意思表明の例を挙げます。
失望の声;ジャニーズ事務所
・性加害問題への対応を徹底していなかったことが明らかになり、失望した。
・被害者への誠実な対応をしておらず、応援する気持ちがなくなった。
・体質は変わらないと思うので、今後もジャニーズ事務所のタレントを応援するのはやめる。
応援の意思表明の声
・ジャニーズ事務所のタレントは、才能や努力があり、応援したい。
・ジャニーズ事務所は、性加害問題への対応を改善する努力をすべきだと思う。
・ジャニーズ事務所が性加害問題への対応を徹底していれば、今後も応援し続けるだろう。

サントリーHDの決定は、ジャニーズ事務所のタレントに対しても大きな影響を与えています。
多くのファンが離れていけば、タレントの活躍の場は限られてくるでしょう。
ジャニーズ事務所は、今回の契約終了を機に、性加害問題への対応を徹底し、ファンの信頼を取り戻すこと
が求められています。

3-3.芸能界関係者のコメントと反応

サントリーHDとジャニーズ事務所の契約終了は、芸能界関係者にも大きな衝撃を与えました。
以下に、芸能界関係者のコメントと反応の例を挙げます。
芸能評論家
・サントリーHDの決定は、企業の社会的責任に対する意識の高まりを示すものであり、
・今後も他の企業も同様の行動をとる可能性が高い。
ジャニーズ事務所は、性加害問題への対応を徹底し、ブランドイメージを回復する必要に迫られている。
タレント
・ジャニーズ事務所の性加害問題は、芸能界全体の問題であり、真摯に取り組んでいく必要がある。
・ジャニーズ事務所のタレントは、被害者への謝罪と再発防止策の徹底を強く望んでいる。
芸能プロダクション関係者
サントリーHDの決定は、他の企業にも大きな影響を与え、芸能界全体の意識が変化するきっかけになる
かもしれない。

ジャニーズ事務所は、性加害問題への対応を徹底し、他の芸能プロダクションにも模範となるよう努力
すべきだ。
サントリーHDの決定は、芸能界全体に大きな影響を与えています。今後、他の企業も同様
の行動をとる可能性があり、芸能界全体の意識が変化するきっかけになるかもしれません。
ジャニーズ事務所は、性加害問題への対応を徹底し、ブランドイメージの回復に努める必要があります。

4.サントリーHDも「新たな契約、結ばない」の真相に迫る!

4-1.契約終了の裏側にある事情とは?

サントリーHDがジャニーズ事務所との新たな契約を結ばないことを表明したことは、大きな話題となりました。その裏側には、どのような事情があったのでしょうか。

被害者への誠実な対応が得られなかった

サントリーHDは、ジャニーズ事務所に対し、被害者への誠実な対応を求めました。
しかし、ジャニーズ事務所は、被害者への謝罪と賠償金の支払いを拒否し続けました。
サントリーHDは、このような対応は、企業としての社会的責任に反すると考え、契約終了を決断しました。

ジャニーズ事務所のブランドイメージ低下

ジャニーズ事務所は、性加害問題を巡り、多くの批判を受けています。
その結果、ブランドイメージが大きく低下しました。
サントリーHDは、このようなブランドイメージの低下が、自社の商品やサービスの販売に悪影響を及ぼす
可能性を懸念しました。

企業の社会的責任に対する意識の高まり

近年、企業の社会的責任に対する意識が高まっています。企業は、社会の一員として、社会課題に取り組む
責任があるとされています。
サントリーHDは、この社会的責任を果たすため、性加害問題への対応を重視しました。
これらの事情が重なり、サントリーHDはジャニーズ事務所との新たな契約を結ばないことを決断したと
考えられます。

今後、ジャニーズ事務所は、被害者への誠実な対応を進め、ブランドイメージの回復に努める必要がある
でしょう。また、企業との信頼関係を築き上げることも重要です。

4-2.サントリーHDとジャニーズ事務所の交渉の経緯とは?

サントリーHDとジャニーズ事務所の交渉の経緯は、以下のとおりです。
2023年2月、ジャニーズ事務所の元社員が、ジャニーズ事務所の元社長からセクハラ被害を受けたとして、
損害賠償請求訴訟を起こしました。

この訴訟を受け、サントリーHDは、ジャニーズ事務所に対し、被害者への誠実な対応を求めました。
具体的には、被害者への謝罪と賠償金の支払いを求めました。

ジャニーズ事務所は、被害者への謝罪は行うが、賠償金の支払いは拒否する姿勢を示しました。
サントリーHDは、ジャニーズ事務所の対応が、企業としての社会的責任に反すると考え、契約終了を
検討し始めました。

2023年7月、サントリーHDは、ジャニーズ事務所に対し、新たな契約を結ばないことを表明しました。
この決定は、企業の社会的責任に対する意識の高まりを示すものとして、大きな話題となりました。
なお、サントリーHDは、契約終了の理由について、以下のように説明しています。

当社は、性加害問題の被害者の方々への誠実な対応を重視しており、被害者の方々のご意向に沿った
対応が得られないことを受け、新たな契約を結ばないことを決定いたしました。

ジャニーズ事務所は、契約終了の理由について、以下のように説明しています。

当社は、性加害問題について真摯に受け止めており、被害者の方々のご意向に沿った対応をすべく、
今後も誠実に取り組んでまいります。

サントリーHDとジャニーズ事務所の交渉は、被害者への誠実な対応をめぐって、双方の主張が対立した
結果、契約終了に至ったと考えられます。
今後、ジャニーズ事務所は、被害者への誠実な対応を進め、ブランドイメージの回復に努める必要がある
でしょう。また、企業との信頼関係を築き上げることも重要です。

4-3.双方の立場から見る契約終了の意味とは?

サントリーHDとジャニーズ事務所の契約終了は、両者にとって大きな意味を持つ出来事です。

サントリーHDの立場から
サントリーHDは、性加害問題への対応を重視し、被害者への誠実な対応を求めました。
しかし、ジャニーズ事務所は、被害者への謝罪は行うが、賠償金の支払いは拒否する姿勢を示しました。
サントリーHDは、このような対応は、企業としての社会的責任に反すると考え、契約終了を決断しました。
今回の契約終了は、サントリーHDが企業としての社会的責任を果たすために、性加害問題への対応を重視
していることを示すものです。また、今後も、企業が性加害問題に取り組むことの重要性を示すものと
言えるでしょう。

ジャニーズ事務所の立場から
ジャニーズ事務所は、性加害問題を巡り、多くの批判を受けています。その結果、ブランドイメージが
大きく低下しました。
サントリーHDとの契約終了は、このブランドイメージ低下をさらに加速させる可能性があります。

5.よくある質問と回答

5-1.サントリーの代表的な商品とジャニーズ事務所との関係は?

サントリーの代表的な商品とジャニーズ事務所との関係は、大きく分けて以下のとおりです。

サントリー天然水
サントリー天然水は、2012年に発売されたミネラルウォーターです。
ジャニーズ事務所は、2012年から2023年まで、サントリー天然水のCMに、嵐、SMAP、TOKIO、関ジャニ∞、
Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、Sexy Zone、A.B.C-Z、ジャニーズWEST、King & Prince、SixTONES、Snow Man、
なにわ男子、Travis Japan、HiHi Jets、美 少年、7 MEN 侍、少年忍者の19組のグループを起用してきました。
BOSS
BOSSは、1986年に発売された缶コーヒーです。ジャニーズ事務所は、2013年から2023年まで、BOSSのCMに、嵐、Hey! Say! JUMP、Sexy Zone、A.B.C-Z、ジャニーズWEST、King & Prince、SixTONES、Snow Man、
なにわ男子、Travis Japan、HiHi Jets、美 少年、7 MEN 侍、少年忍者の13組のグループを起用してきました。
オールフリー
オールフリーは、2012年に発売されたノンアルコールビールです。ジャニーズ事務所は、2013年から2023年
まで、嵐、関ジャニ∞、A.B.C-Z、ジャニーズWEST、King & Prince、SixTONES、Snow Man、なにわ男子、
Travis Japan、HiHi Jets、美 少年、7 MEN 侍、少年忍者の13組のグループを起用してきました。

これらの商品は、いずれもジャニーズ事務所のタレントが出演するCMが印象的でした。
そのため、サントリーとジャニーズ事務所の契約終了は、これらの商品のCMにも大きな影響を与える
可能性があるとみられています。

具体的には、サントリーは、ジャニーズ事務所以外のタレントを起用したCMに切り替える可能性や、
CMの制作費を抑える可能性があると考えられます。また、ジャニーズ事務所は、自社でプロデュース
する商品やサービスに注力する可能性もあるでしょう。
今後、サントリーとジャニーズ事務所の契約終了が、両社の商品やサービスにどのような影響を与える
か注目されます。

5-2.サントリーHDとジャニーズ事務所以外にどのような芸能事務所と提携しているのか?

サントリーHDは、ジャニーズ事務所のほかにも、多くの芸能事務所と提携しています。
代表的な芸能事務所としては、以下の通りです。

・エイベックス・マネジメント
・ホリプロ
・吉本興業
・アミューズ
・LDH JAPAN

これらの芸能事務所は、それぞれに強みや特徴のあるタレントやアーティストが所属しています。
サントリーHDは、これらの芸能事務所と提携することで、幅広い層の消費者にアプローチすることができる
のです。
具体的な提携事例としては、以下の通りです。

エイベックス・マネジメント

エイベックス・マネジメントは、安室奈美恵や浜崎あゆみ、三浦大知など、数多くの人気アーティストを
輩出してきた芸能事務所です。サントリーHDは、エイベックス・マネジメントと提携して、これらの
アーティストを起用したCMを制作してきました。

ホリプロ

ホリプロは、石原さとみや綾瀬はるか、松坂桃李など、数多くの人気女優を輩出してきた芸能事務所です。
サントリーHDは、ホリプロと提携して、これらの女優を起用したCMを制作してきました。

吉本興業

吉本興業は、ダウンタウンや明石家さんま、千鳥など、数多くの人気芸人を輩出してきた芸能事務所です。
サントリーHDは、吉本興業と提携して、これらの芸人を起用したCMを制作してきました。

アミューズ

アミューズは、福山雅治や広末涼子、二宮和也など、数多くの人気俳優やアーティストを輩出してきた
芸能事務所です。サントリーHDは、アミューズと提携して、これらのタレントやアーティストを起用した
CMを制作してきました。

LDH JAPAN

LDH JAPANは、EXILEや三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE、GENERATIONS from EXILE TRIBE
など、数多くの人気グループを輩出してきた芸能事務所です。サントリーHDは、LDH JAPANと提携して、
これらのグループを起用したCMを制作してきました。

サントリーHDは、今後も、さまざまな芸能事務所と提携することで、幅広い層の消費者にアプローチし、
自社の商品やサービスの販売拡大を目指すでしょう。

5-3.ジャニーズ事務所の他の企業との契約にも影響が出る可能性はあるか?

サントリーHDとの契約終了は、ジャニーズ事務所の他の企業との契約にも影響が出る可能性があると
みられています。
具体的には、以下の2つの影響が考えられます。

他の企業も、サントリーHDと同様に、ジャニーズ事務所との契約見直しや解約を検討する可能性がある。

サントリーHDは、日本の大手企業であり、その社会的影響力は大きいです。
サントリーHDがジャニーズ事務所との契約を終了したことは、企業の社会的責任に対する意識の高まり
を示すものとして、大きな注目を集めました。

他の企業も、サントリーHDと同様に、ジャニーズ事務所の性加害問題への対応を注視し、自社の企業
イメージやブランドイメージに悪影響を及ぼす可能性を懸念していると考えられます。
そのため、他の企業も、ジャニーズ事務所との契約見直しや解約を検討する可能性があるでしょう。

ジャニーズ事務所は、自社の対応にさらに慎重になる必要がある。

サントリーHDとの契約終了は、ジャニーズ事務所のブランドイメージをさらに低下させる可能性があります。
そのため、ジャニーズ事務所は、自社の対応にさらに慎重になる必要があるでしょう。
ジャニーズ事務所は、被害者への誠実な対応を進め、ブランドイメージの回復に努める必要があります。
また、企業との信頼関係を築き上げることも重要です。
今後、ジャニーズ事務所は、自社の対応を改善することで、他の企業との契約を維持・拡大していくことを
目指すでしょう。

6.まとめ

サントリーHDとジャニーズ事務所の契約終了は、両者にとって大きな意味を持つ出来事でした。

サントリーHDの立場から
サントリーHDは、性加害問題への対応を重視し、被害者への誠実な対応を求めました。
しかし、ジャニーズ事務所は、被害者への謝罪は行うが、賠償金の支払いは拒否する姿勢を示しました。
サントリーHDは、このような対応は、企業としての社会的責任に反すると考え、契約終了を決断しました。

今回の契約終了は、サントリーHDが企業としての社会的責任を果たすために、性加害問題への対応を重視
していることを示すものです。また、今後も、企業が性加害問題に取り組むことの重要性を示すものと言える
でしょう。

ジャニーズ事務所の立場から
ジャニーズ事務所は、性加害問題を巡り、多くの批判を受けています。その結果、ブランドイメージが
大きく低下しました。
サントリーHDとの契約終了は、このブランドイメージ低下をさらに加速させる
可能性があります。

タイトルとURLをコピーしました